クラクラ報告書No.25【トロフィー数が夜が昼を超えたので、自分なりに昼夜の違いを考察してみる!】

クリックしてくれた方こんばんは、NALUです。

昼夜関係なく両方共日々楽しく遊んでいるクラクラですが、とうとうこの日がきてしまいました。それはというとタイトルにもあります『夜が昼のトロフィー数超え』です!増えていること自体は喜ばしい事なのですが、心情的にはちょっと複雑。なんせ昼は今”意識してトロフィーを増やしている最中”であり、夜は全く気にせず”勝利&資源さえ獲れればOK”のスタンスで進めているのでね。

1戦ごとのトロフィーの獲得数に違いがある等昼夜での環境に差異は多々ありますが、今回はその辺私の感じた事を分かる範囲で書いていければなと。私のような方も、逆に夜が上手くいかない方も一例として参考になれば嬉しいです。それでは本編書いていきましょう!

 

 

1.昼モード。

まずはクラクラのメインベースである昼モードから書いていこうと思います!が、こちらは多分私よりも馴染み深く物知りな方が多くいらっしゃると思います。私はまだプレイ開始7ヶ月ほどで全ての要素を解放している訳ではないのでその辺はご了承下さいませ。

もうすぐ5周年を迎えるということで、非常に長く人気ゲームとして続いている『クラッシュ・オブ・クラン』!個人的イメージは『老舗RTS』という感じで今も常に進化を続けながら新規にも古参にも楽しめるゲーム運営をしているという印象がありますね。

これだけ長く続いているゲームという事で、メインベースである昼モード最大のメリットは『やれること(要素)が多い』という部分ではないでしょうか!RTSというジャンルはすぐに強くなれるという訳ではないゲームジャンルで時間を掛けじっくり遊んでいくものですが、今から遊ぶことですぐやりきってしまう心配もないですし、自分のペースで5年分の要素を遊びながら学べるのは楽しいのではないかな♪有名なゲームですしやりがいみたいなものはあると思いますので、がっつりクラクラ(RTS)を遊びたい人には昼モードが合ってると思います!

ただ逆にやれることが多いというのは人によってはデメリットにもなる可能性が・・・。ある程度力を保持できるまで時間を要しますし、どこから手をつけていいのか分からないなんて不安も出てくるかもしれません(情報が多いのも戸惑う要素の一つ)。

勿論やる気次第ではありますがそういう人には夜モードがオススメで、最近のアップデートで追加されたという事でまだまだ発展途上!天井が近くある程度やれることに限りがあるのも敷居が低くプレイし易いと思える要素かな♪というふうに感じます。

 

2.夜モード。

先月の大型アップデートで追加されたクラクラ夜モード!実装から間もない為”発展途上感”は否めませんが、私はそのシンプルさが気に入っていたりします♪

私は先も書いた通り7ヶ月ほど前からクラクラをプレイし始め最近やっとTHがLv.09になったところなのですが、サービス開始から既に4年以上経っているということでやれる事が多く初期は大変戸惑いました。勿論進める流れなんかはリトルノアで学びましたので大きな躓きは無かったものの、改めて1から構築していくというのは中々根気のいる作業ですし周りは強い方々ばかりなので、「いつその輪に入っていけるのだろう」という不安は常に持っていましたね(今も少しありますがw)。

そんな中実装された夜モードは昼モードと違って私も初期メンバーとして参加できたのは一つ新鮮で嬉しい体験でした♪皆さんと同じスタートラインから色々作り上げていくのは、別verというだけで同一ゲーム内ではあるものの手探り感も強く、非常にワクワクして面白いですし高いモチベーションを保ちながら今も遊べています!戦闘面においても現状使用できるユニットが限られている中でそこまでテクニカルな知識などが必要ないのも触り易いですかね(初心者歓迎!)。施設もまだ皆大きな差がなく誰にでも勝つチャンスがあるのもGOOD!その分マッチング相手を自分で選べないところは我慢かななんて思いますけど。

ただこちらは昼とは逆にガツガツプレイしたい人にはビルダーが1人だったり対人戦の資源が3戦までしか獲得できないなどの制約は辛く厳しいかもしれませんね。『誰よりも早く強化を!』という人はエメラルドを消費していくしかないので、もう少し他の選択肢なり資源を獲得できる機会を増やしてくれると私も嬉しいかな、なんて感じます。

 

 

最後に。

各々のモードについて書いてきましたが、別verというだけで両方共同時に稼動し動いています。それを考えるとやはり理想は同時進行!例えば【昼モードで対人戦を行った後に兵士の訓練時間を使って夜モードの対人戦へ。夜が終わればまた昼へ】という感じで進めればロスも少なく効率的にプレイできますし上手く時間を使いながら遊べると思います。

それぞれの良さを感じながらプレイヤーの方が無理なく楽しめるのが一番だと思うので、自分のメインを決めるも良し、両方程々も良し、または両方ガッツリも良し!遊びたい時に出来る分だけコツコツプレイしていけば良いと思いますよ♪

 

それではまた次回のブログでお会いしましょうノシ

スポンサーリンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です