クラクラ報告書No.44【見た目が変わると気分も違う!?アーチャータワーLv.07!】

クリックしてくれた方こんばんは、NALUです。

本日も定期報告と言いますか、強化の進捗状況をお知らせしたくキーボードを叩いております!まだそこまで一段階の強化に多大な日数が掛かりませんから、短いスパンで変化のある夜村は楽しいですね♪

ちなみに今記事で紹介するのは『アーチャータワー』についてで、やっと1基だけですが現環境上限のLv.07へアップグレード!櫓の見た目からも強化具合を感じられ、足場も完全に石造り!待機するアーチャーも2人へと増え、何とも賑やかになってきました♪

本日はそんな《アーチャータワーの強化》について書いていきますので、もし宜しければお付き合い下さい!それでは早速本編書いていきましょう。

 

まずはLv.05~Lv.07までのステータスを振り返る!強化メリットはどれだけあるのか?

※『射程:11』、『ダメージの種類:単体攻撃』、『攻撃目標:地上&空中』、『優先攻撃目標:無差別』は共通。

【Lv.05】

  • 攻撃力【53
  • HP【874

【Lv.06】

  • 攻撃力【58
  • HP【1,005

【Lv.07】

  • 攻撃力【64
  • HP【1,156

ステータスの数字だけ見ると上記のようになっていて、改修(強化)するメリットとして攻撃力よりもHPの方が比重的に高いように感じました。一段階で大凡140前後のアップというのは大抵のユニットの攻撃を一発以上耐えられますし、その間回転率の早いアーチャータワーであれば反撃して倒す可能性も低くない確率であると思いますから、最優先でなくても積極的に強化の手を加えていきたいと思わせる設備かなと!

また、こちらのアーチャータワーは”迎撃パターンが二段階”あるのも一つ大きな特徴で、射程を犠牲(11→7)にする事で何と攻撃力が”2倍”になる機能を搭載(攻撃間隔も半分ぐらいに短縮!?)!どちらも一長一短ですので自分の村の配置によって使い分けるのが良さそうですが、Lv.MAXのダークネクロを3発で倒せる速射形態(Lv.07)は大変魅力的!ただ射程-4は想像以上に狭く感じる為悩みの大きいポイントなのは否めません↓

一見しただけでもかなり狭く感じるのは間違いなく、実際の対人戦においても違いは顕著。ただ先も書いた通りこの射程を犠牲にする事で攻撃力2倍と回転率の速さという恩恵を受けれますので、改めて配置や好みで決められるのが宜しいと思います!

 

アーチャータワーに期待するのは”削る”と”仕留める”の両方!

アーチャータワーにはその攻撃範囲の広さを活かし、なるべく多い攻撃回数を期待したい設備ですよね!攻撃目標が陸空両方なのも敵ユニットの種類に関係なく戦力として計算できますし、現状は勿論今後にも期待していきたい設備として考えています。

ただ、今回御馴染みの記事を書いていて一つ残念なポイントとして思った事があって、それは”攻撃エフェクトに変化が無かった”という部分。弓を使用する攻撃方法ですから、弓矢の形状でも良いですし何かオーラを纏うのも手段の一つ。着弾時爆発するとかそういう変化も楽しみにしていただけにそこは拍子抜けでした(Lv.08実装時には何かしらの変化を期待)

 

勝率を上げるには”縁の下の力持ち”が必要不可欠!

砲台やアーチャータワーといった汎用性の高い設備のレベルが低いと勝てる戦いも勝てないというのはどのRTSでも同じですけど、1基だけですが強化した事でそれを改めて感じる今日この頃。連装迫撃砲や重砲といった範囲&貫通攻撃の重量級設備が削った敵ユニットを、しっかりこういう設備達が最後仕留めてくれると非常に上手く戦闘を進めることが可能(逆もまた然り)!

一部の設備のみ優先的に上げるのが一概に悪いとは言えないですが、やはり勝率を気にするならばどの設備も満遍なく”全体の平均値を上げていく”方が強力な配置を組み易いのではないかと感じました!

 

 

今後も継続し日々夜村の強化に勤しんでいきますので、また何かしらあれば記事を書いていきたいと思います!その際はまた読んでくれると嬉しいです♪

 

それではまた次回のブログでお会いしましょうノシ

※NALU`s select!

スポンサーリンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です