クラクラ報告書No.50【ボンバーのお陰!?トロフィーが大分戻ってきた!】

クリックしてくれた方こんばんは、NALUです。

前回の記事クラクラ報告書No.49【戦績が芳しくないので・・・②度目の配置換え敢行!】)で大分戦績が芳しくなく2度目の配置換えをした件を書きましたが、今回は《その後の経過報告》をお伝えしようと思います!『新配置を使ってみた印象』『ボンバーを加えた編成』の話。そして『トロフィーの数がその後どうなったか?』など、ざっくり色々詰め込んだ感じでお届けしようかなと!

未だ夜モードの方では”守りよりも攻め重視”という気持ちで考えている為結構新配置は直感で選んだ気がしますけど、今配置で悩んでいる方の一つ参考になれば幸いです!それでは早速本編書いていきましょう。

 

 

まずは《トロフィーの数》から!3,173まで落ちた前回と比べどのように変化したのか?

大分回復した挙句に一時新記録を更新!w現在3,498で目標としている3,500にリーチをかけた状態となっています。

トロフィーを増やせた要因として思い当たる節は色々あるんですけど、特に一番大きいのはやはり”ボンバーを参戦させた新編成”ですかね!良い数字で守れても自分が酷い戦果だと勝てるものも勝てませんから、そういう意味では以前のパーティに比べ1戦毎の数字は幾らか改善されたように思います。直近の10戦を振り返って見ても☆2を獲れなかったのは1つだけですし、悪くても61%程度破壊でき最低限の仕事はできているかな?なんて(偶に大ポカ(☆無し35%とか)やらかしますけど、それはご愛嬌w)。

理想を言えば毎回100%獲って絶対負けない状態を作り上げたいところですがそれはちょっと現実的ではないので、今のスコアを維持しながら1%でも多く壊していきたいですね!

 

結局は”この形”になってくれるかどうかが重要!

物凄い基本的な形ではありますが、攻撃目標が三者三様の為この形になってくれるかどうかが戦いにおいて非常に重要だと考えています。①壁となるジャイアントを前衛に、②ボンバーで壁を壊しスムーズな侵攻を促しつつ、③後衛のダークネクロが遠距離ではコウモリを、中に入れば自身も攻撃ユニットとして参加し敵設備を破壊!この流れができれば最低限のスコアは持ち帰る事ができますね。

ただ、一定の試行回数を試しどうしても弱点(注意ポイント)として気になるのは”重砲の貫通攻撃”。縦の位置関係を念頭に排出しているので、これだけは防ぎようがなく稀に砲弾が全ユニット通過するなんて事も・・・。普通に痛いポイントなのでどうにかならないものかと現在改善方法を模索中だったりします。

以前(2つ前ぐらいの編成。ダークネクロ3枠にジャイアントを2枠)であれば重砲が外側配置に限りジャイアント1体を囮とする戦法も手段の一つとして利用してましたが、最近は中央に配置されている事が多く、大外の壁外ではダーゲットとなれない場合が多発。中に入ってしまうと如何に耐久性の高いジャイアントとはいえ単独では忽ち灰と化す現環境ですから、囮を使うよりも”如何に手際良く破壊するか”を考えた方が得策なのではないかと思います!

 

”数で圧す編成”に負けるパターンがいくらか・・・。なので壁は勿論、全体的な強化が至上命題!

戦績は間違いなく上向きましたし、防衛に関しても第1弾配置に比べ数字は良くなっている印象!なので一応当分はこれを継続していくつもりです。

でも、回数重ねれば100%獲られる機会も勿論ありますし、そこまででなくとも☆2(85%)等高スコアを獲られる時もね。設備の強化状況もカンストしている訳ではないのでそういう場合もあるでしょうけど、負け戦の時割と共通するのが”数で圧すスタイルの編成”と対峙した時に負けが多い印象があるということ。

一例として下に『直近の敗北した相手の編成』と、『獲られたスコア』を2パターン載せましたのでご覧下さい↓

キャラがちゃんと育っているというのはありますが、リプレイを見た限りお二方共上手かったです(排出のタイミングや数の調節等々)。トロフィーを積み上げるという事はマッチング相手も厳しくなるでしょうし、今後はより自身のスキルが問われる戦いが続くのかと戦々恐々。頑張らねばなりませんね!

それに負けることにも少なからずメリットがあると私は思っていて(負け続けるのはよくないですが)、リプレイ見て参考に出来ますし、攻められる位置が偏っていればそこに対策を講じる切欠にもなりますから。

とにかく只悪戯に負けを繰り返すのではなく、負けの中からも何かしら上達のヒントを探るスタンスを常に維持し、3,500、ひいては4,000目指して今後もチャレンジしていきます!

 

それではまた次回のブログでお会いしましょうノシ

※NALU`s select!

スポンサーリンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です