クラクラ報告書No.66【将来への投資!今『移動砲台』が熱い(個人的にね)!】

クリックしてくれた方こんばんは、NALUです。

最近はトロフィー稼ぎをメインに、獲得した資源で防衛設備を強化するという基本に忠実的な遊び方をしていますが、つい数日前からその辺関係なく積極的に使っているキャラクターがいます。それがタイトルにもある『移動砲台』!今迄殆んど手付かずのキャラながら、折角Lv.14まで強化したということで、練習も兼ねつつ実戦の真っ只中。あまり勝てないながらも新鮮でとても楽しいですね♪

そんな今回は、《私が初めて移動砲台を触ってみた使用感など》について書いていこうかなと!天文ラボも現環境上限まで上げ、今後の強化内容なども一緒に見ていこうと思いますので、宜しければお付き合い下さい!

それでは早速本編書いていきましょう。

 

 

特筆すべきは”高い攻撃力”!最後の最後まで役割を全うする優秀なアタッカー!

移動砲台は攻撃力が高く、質の良いアタッカーであると私は思います。HPも低くありませんし、移動速度もそこそこ。攻撃射程も見た目通り長く、1個体として見たとき、非常に優秀なユニットなのではないでしょうか。

また、固有の特殊能力として【最後の抵抗】という性能があり、これはHPが0になってからも、一定時間その場にて近場の敵設備へ攻撃を繰り返すというもの。アタッカーとして最後まで戦う姿勢は素晴らしく、これによって助かった戦いが幾戦もありましたね。そういう経験も踏まえ、個人的には強いユニットであるという認識があります。

※あくまで個人的な感想ですが、実際使ってみると予想より【最後の抵抗】は強いと感じました。囮がいればその効力はかなり持続します!

ただ、ここまでべた褒めした移動砲台にも決定的な弱点がありまして、それが何かというと”キャンプごとのユニット数の少なさ”なんですよね。Lv.01から現在まで増えず2体のままで、強化により上がるのはステータスと特殊能力のみ(この部分に関しては他のユニットと比べて少々風変わりな点かも)。それに、レベルアップによってステが上がっても、相対する村の強度によってはあっさり倒されることも多く、迫撃砲なんかに狙われてしまうと最早戦況は・・・。最近ではメガテスラの特殊連撃により、1撃で2体致命傷を負わされることも増えたため、苦しい戦いが続いております。

 

そんな中、ついに天文ラボLv.08にて解放されるユニットレベル16で、移動砲台にも待望のユニット数増加が↓

これにより、キャンプ1枠ごとのユニット数が3体作成され、『2枠で6体確保できる』というのは大きな変化をもたらしそう!他のユニットとの組み合わせが今よりも沢山考えられるでしょうし、攻め方にもバリエーションが増え、より戦いやすくなるのではないかと考えられます。

 

基本戦法は遠距離射撃!盾役は必須の相棒かな?

先ほども書いた通り、移動砲台は攻撃力が高い代わりにユニット数が少ないという弱点があります。HPも低くはありませんけど、狙われてしまえば耐久するのも難しく、攻撃に専念させてあげるためにも”盾役”が必須!そこで私は上画像のようにジャイアントを盾にし、後ろから移動砲台で援護する陣形を採用。昔からいるユニットで強化がある程度済んでいるというのも選出の理由だったりします。

実際の使い心地も悪くなく、はまれば良いスコアを期待できるだけの働きはしてくれます!やはり火力が高い分侵攻力があって、思い通りのルートさえ進んでくれれば☆2+α(高い破壊率)も。前準備が必要なく、難しい陣形(排出方法)がいらないのも利点ですかね。

しかし、ジャイアントの攻撃対象が”防衛設備”ということもあって、移動砲台がタンク系に詰まると前後の距離が開き、前だけ先に倒されてしまう心配も・・・。無差別の移動砲台と足並みが揃わないのは痛い部分で、そういう視点から見ると『ババ』スーパーP.E.K.K.A』の方が相性良いのかななんて。前者は耐えるというよりも一気に攻め落とす感じで、後者はペッカメインで後ろからサポートというイメージかな?当面は特にいじらずこのままいきますけど、今後も愛用するなら移動砲台のLv.16というのは目指すべき最優先事項の一つかもしれませんね。

 

 

とりあえず当面は移動砲台の練習及び強化をメインにクラクラを遊んでいこうかなと思います!トロフィーの減少は避けられませんが、それはまた安定したのち増やしていけばいいですしね。

 

それではまた次回のブログでお会いしましょうノシ

スポンサーリンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です