FirstImpressionNO.04【戦場のツインテール】

クリックしてくれた方こんばんは、NALUです。

今回はFirstImpression第4弾『戦場のツインテール』というゲームについて書いていこうと思います!今年の1/19(木)にリリースされたシューティングARPG(公式ジャンル)というジャンルのゲームで、特殊な世界観が蔓延する世界の中でその反対勢力の一員となり敵と戦いながらストーリーを進めていくという結構戦術的要素も併せ持つゲーム内容!

奇抜な世界観で最初は戸惑う方もいるかもしれませんが、一番大事なゲーム内容はしっかり面白いので好きな人は嵌ること間違いなし!その辺を重点的に書いていこうと思いますので宜しくお願いします。

 

1.具体的にはどういうゲーム?

基本的にどういうゲームかと言うと、自分の編成を組み前から来る敵を倒していく横型ベルトスクロール系のアクションゲームになるのかな?

上画像をご覧頂くと『一番左の戦車に乗った女の子+立ち姿の女の子が5人』いますよね?これが自分の編成メンバーとなります。実際自分で操作するのは”戦車に乗っている女の子だけ”で他の編成メンバーは全てオートで戦ってくれますから、比較的ゲームに触れていない方にもオススメし易いゲームですね!

これだけ聞くと『自分で動かす範囲って少ないのかな?』と思う人もいるかもしれませんが、割と戦闘は忙しいんですよ(難しいステージになれば尚更)!それについてはもう少し後で改めて書きますが先にご紹介したい内容がありまして、それが下画像のこと。

自分の編成するメンバーの特性によって使える砲弾が変化するのです!この部分が個人的にこのゲームの一番の売りなのかなと感じていて、適当にメンバーを組むと簡単なステージで苦戦することも・・・。なのでここをしっかり考えて選べるかによって攻略のし易さが変化してくると思いますね。

編成メンバーの上限は5人で、特性は全4種類。組み合わせによって沢山砲弾の種類があり、勿論それぞれ効果も違い相手によって編成を変える必要性もあったりなかったり!?

なのでかなり戦術の幅と言いますか頭を使う部分もあり非常に面白いゲームだと感じています!

 

2.キャラクターの性能や、個別のやりとり!

上記記載通り基本戦車以外の編成メンバーはオートで戦ってくれますが、戦闘前にその能力については手を加えられる部分が割と多くあったりもします。レベルは他のキャラクターや経験値専用キャラを素材としレベル上げをするシステムで、スキルは同名の同レアリティキャラを素材にしてUP!装備品も組み合わせ次第では+αの能力を発揮したり、紋章を集めて限界突破させたりなど遊べる要素は満載!

まだまだこれだけではなく、お気に入りの女の子にプレゼントを上げて高感度を上げることで特別エピソードが見れたり、素材カード(キャラクター)を消費して絆を上げるとレベルでのステータス増加とは別にパラメーターボーナスを受けたりできたり!

リリース当初から遊んでいるにも関わらず日々進化しているので、お恥ずかしながら偶に知らないこともあったり・・・w結構やり込み要素も多分にあるゲームだと思いますね。

 

3.スピード感のあるバトル!

さすがにブログでスピード感をお届けするのは難しいですが実際はかなり忙しいです!眼前の敵は勿論、ミサイル搭載のヘリ爆弾兵なども登場し、上と前から次々押し寄せてくる敵を味方キャラと連携し上手く殲滅できるのかが大事で、倒す順番を間違えると悪戯に消耗してしまってボスまだ辿り着かなかったりも。特に回復する兵隊が厄介で味方の育成度合いが低いと突破するのに時間掛かりますし・・・。なのでこのゲームどのタイミングで敵を仕留めるのか”がかなり重要になってきたりします!

操作は至って単純で、画面を触れた状態で指を動かせば砲弾の弾道が表示され目掛けたところに発射!という感じ(画像2枚目左の×マークが触れた地点で、薄水色の丸がスワイプして今指のあるところ)

自分の操作する戦車と編成したメンバー、それに必殺技を駆使し攻略していくバトルがとても楽しく爽快で一番オススメするポイント!『単純ながらもスピーディ且つ頭の使うゲーム』というのが今日まで遊んでいる私の個人的感想です。

 

 

4.総括!

年明けにリリースされたゲームということですが、現状私のツボに嵌り最近は毎日ガッツリプレイしていたりしますwアップデートも定期的に行われ新要素やイベントなども追加されているので、これからのゲーム展開にも期待できそう!

御馴染みのガチャ機能もあり、排出確率は6:4でGOODかなw極端に出難いということもないですし、一つ前で出やすい☆3でも育成することで結構強くなりますから大丈夫!まずは半年、そして一年と長く続いてほしいタイトルの一つです!もし興味ありましたら是非遊んでみて下さいね♪

 

それではまた次回のブログでお会いしましょうノシ

スポンサーリンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です