リトルノア報告書No.196【10月シーズン?お疲れ様でした!私の順位をご報告!】

クリックしてくれた方こんばんは、NALUです。

先月28日のメンテナンス後に、2018年の10月シーズンが終わりを迎えました(※昨年の6月シーズンに画像の月記載がずれたこともあり、もしかしたらこれは11月シーズンの記録かもしれませんが、この記事では10月シーズンとして書いていこうと思います)。前回の記事リトルノア報告書No.195【リトルノアが終わる前に、もう一度”マスタークラウンの獲得”を目指す!】)で私は、リトルノアにおける最後の目標として”もう一度マスタークラウンの獲得”を掲げ、それを心に11月の後半を過ごしました。一年以上クラスAを主戦場にしていたため、マスターズステージ自体久しぶりでしたし、そこでの戦いを真面目に続けたことさえ今では遠い昔の記憶。「やる気さえあれば何とかなるだろう」という甘い気持ちを圧し折られ、今回6,000クラウンのボーダーを何度行き来したことかわかりませんが、ギリギリながら最後は上をキープでき、10月シーズンはこのような結果となりました↓

6,057クラウン、これが私の結果(実力)となります!数字以上にマスターズに残れたことが嬉しく、この画面をまた見れたことも感慨深い気持ちです。

 

無謀な挑戦。それでも、一所懸命は楽しかった!

正直あのような目標を掲げたものの、そのあと戦った散々な内容に心が折れかけたときもありました。それぐらい酷い結果のものが多々あり、最たるものがこちらの戦い↓

どうです、酷いでしょう?w実力云々の前に基本さえ頭から抜け落ちていたみたいで、大王ブロッカを扇風砲の正面に出してしまいミサイロで穴も開けられず・・・。破壊率以上に、キャラごとの使い方が全くなっていませんでした。それから少し練習した甲斐もあってマスターズには残れましたが、LEのレベル含め、厳しい環境に身を置いていた方々には到底敵いそうにありません。やっぱり私は”まったり楽しむプレイヤーになった”のだと感じた瞬間でもありました。ただ、マスターズで戦うというのは大変なのと同時に、「やはり魅力あること」だとも再認識しましたね!勝ったときの嬉しさがクラスAとは違うというか、大変な分ひとしおだなとそういう意味では、上の戦いを継続してきたプレイヤーというのは単純に凄いと思いますし、改めて尊敬に近い気持ちも抱きました。

 

 

とりあえず今回、無事目標を達成できて良かったです!短い期間ではありましたけど、また本気でリトルノアをプレイする切欠にもなりましたしね(できなければ後悔していたでしょう)。私はこのまま雪の季節を満喫しつつ、最後の日までリトルノアを楽しめればと思います♪

 

それではまた次回のブログでお会いしましょうノシ

※NALU`s select!

スポンサーリンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です