リトルノア報告書No.134【優等生な印象のSSRロン!その性能に驚くことばかり!】

クリックしてくれた方こんばんは、NALUです。

個人的に書いてて楽しいということもあり最近リトルノアはキャラレビューを書くことが割と多いですが、そんな今回もレビュー系記事となります。誰かというとタイトルでわかっちゃいますが『疾風の槍術士ロン(SSRロン)』について!結構評判のいい優等生キャラクターなイメージですが果たして?

正直な話育ててはいましたが殆んど使ったことは無く、記憶が正しければノアの挑戦状かなんかでシュラと一緒に設定されたパーティで使ったのが最初で最後だった気が・・・wその時もクリアすることが第一目標でしたので使ったキャラがどういう性能なのかなどはあまり気にしてませんでしたね。そんな感じで今回改めて使ってみて驚くことが多かった!

 

まず一番驚いたのは攻撃間隔の短さ!SSR中トップの0.75という脅威の数字で、その回転率は正に異次元のスピードと言っても過言ではないのでしょうか。数字で見て早いのは理解してましたが、実際使ってみてのインパクトは想像以上でしたね!

最大HP58,000のグランマナタンクがみるみる削られていく様を見てロンの本気を感じました!w単体の攻撃力が330と比較的抑え目なのはこの攻撃間隔を考慮しての数字ではないかな?秒間攻撃力(DPS)やユニット数を考えてもある一点を狙って攻撃する性能(TDPS)は全体を見渡してもランキング上位なのは間違いないでしょう!ただ右画像のように射程が2あるとはいえ貫通は無いのでそこは注意。優秀な回転率も赤壁の前ではあまり効果を発揮できないので、対人戦での使用時は穴を開けてからの活躍に期待ですね!

 

次に移動速度の速さもかなりのものでした!普段アラシを使っているので単純なスピードでのインパクトはそうでもなかったのですが、レイドでの小回りに驚愕です!

吹き飛ばされた際『誘導ボタン』で位置を戻しますが、大抵一番最初にポイントに着き脅威の回転率で集中砲火!また鉄巨人であれば蹴りのモーションを誘導で避けさせた後、弱点の足に戻るのも目に見えて早さを感じるポイントだったりしましたね。画像の編成ではどのキャラも割とレイド向きな子達ばかりですが、小回りが利いたり射程が”2”あるというのもレイドにおいては地味に高ポイントだったりするのでトモエと代えても遜色なく活躍してくれました(クリティカル率が高いのもGOOD)!

 

ただ、どちらかと言えば今は完全レイドキャラとして定着している印象で、対人戦でも使えないことはないでしょうけどとても限定的な使用に限られるかな(トモエやペングナイトなどレイド向きキャラ全般と同じ印象)。攻撃力云々よりもHPが6,200は近接キャラとしては少々心許なく、風属性であることから火のメガトン砲は当たり前ですが1発も耐えられませんし(射程が2ということで防衛施設の射程に入りやすいのもマイナス印象)。援軍施設への特攻も正直あっても無くても困らない特徴なんでね・・・。

それでも数少ない風属性のレイド向きキャラクターということで使ってみて分かる有能さは本物だと今回記事を書いて実感しています!現在手元にはカンスト1体と育成中1体の合計2体ですが、今後を考えてもう2体ぐらい増やしてもいいかもなんて考えたりするぐらい想像以上に強かった!それにトモエよりも集めやすいし、ペングナイトはSSR進化の際マナ石7個使うしで正直初期~中期の頃のレイド向きキャラとしては色々総合的に見てみると最強かも!?クレリーいれば無理に毎回攻撃を避ける必要もないし!

今まで縁無く使う機会がありませんでしたが、今後はレイドボスの属性如何では編成に組み込むこと間違いなし!対人戦では・・・LE化に期待!

 

それではまた次回のブログでお会いしましょうノシ

スポンサーリンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です