リトルノア報告書No.139【他のプレイヤーさんのパーティを見て参考にしよう!-PART5-】

クリックしてくれた方こんばんは、NALUです。

約半月ぶりの『他のプレイヤーさんのパーティを見て参考にしよう!』シリーズ。今回でPART5になります!年明けから月2回ぐらいで更新していますが、記事を書きながら何より私自身が参考にさせていただいているので書いてて勉強にもなり、そして楽しいです♪

さて今回はどんな編成の方々に攻められているのか!?それではさっそく本編を書いていくので宜しくお願いします!

 

今回紹介する全10パーティはこちら!空無し陸オンリーとなりまして、前回に引き続き2回連続の陸だけ編成の紹介となります。

 

まず今回見渡して最初に感じたのは、LEがいつもよりも多いということ。今までは紹介するうちの1、2編成に1体いるかいないかぐらいの割合だったのに今回は3編成に最低2体以上組まれています!先日書いた記事通り現在私の舟の主要防衛施設は改修中なので、自分で言うのもなんですがLE無しでも十分100%獲れると思うんです。なのにLEを使ってくるということは万全を期すという考えの方なのか、それとも練習目的なのか。残念な事にリプレイを確認する期間が過ぎてしまっていたのでレベル等の確認はできませんでしたが、それでも『LEを編成しておいたほうがいいのかも?』と少しでも思わせるぐらいには強化が進んできたのだとポジティブに考えようと思います!

 

次は前回カンスト記念に記事を更新したサマサを見ていきましょう。今までも高い確率で多くのパーティがサマサを1体、もしくはフレンド枠含め2体編成している人がいましたが、今回は7/10編成にサマサがいます!これは少女ティアベル(9/10)、チュロス(8/10)に次ぐ第3位タイ(クマリンも7/10)の多さ!前述のユニットとは役割が違うので人気の順位というのはあくまで編成されている数の結果ですが、それは即ち破壊役orユーティリティー枠ではサマサの人気が他に比べ高順位だということ。

サマサは火力面でも優秀ですしHPも10,000オーバー。そして壁を苦にしない貫通効果持ちなど評価するべきポイントが幾つもありますので、今後サマサを凌ぐ似たような役割のキャラクターが出てくるのかどうかが一つの楽しみでもありますが、逆にSSRでサマサを凌ぐとなると性能的に「それはもうSSRの範疇なのか?」という疑問さえ問題になってきそう。それぐらいサマサは現リトルノアの全キャラの中でも上位に位置する強さだと私は思います!仮にまたテラバトルコラボがきたら2枠目に挑戦したい!

 

3つ目に書くことはクマリンをパーティから抜いた3編成について。その3編成とはNo.01、02、06な訳ですが共通するのはアラシ、またはトウヤが2体ずつパーティに組まれているということ。こちらはリプレイを確認できたのでその感想を言うと、局所的に出すことで1個内側の防衛施設を破壊している間に割と壁にダメージが入っていて、想像していたよりもスムーズに中に入れます。特にチュロスなどに壁に張り付いてもらいターゲットを取ってもらう事で7000のHPでも生存率が高く、更に中に入ってからもその行動パターンを繰り返せるので全体の侵攻力もありつつ壁問題も高い水準でクリア。

如いて懸念材料を探すなら分散ではなく局所的にユニットを出すことで、トラップや火力の高いメガトンなどに狙われた場合に一気にやられてしまう可能性でしょうか。移動速度が速いので前衛を追い抜く可能性もありLv.04以上の大型地雷、または通常のカンスト地雷×2を耐えられないのでその点だけは少々心配ですね。ただ先に書いた通りそう遅くないスピードで赤壁も破壊できるので(仮に1箇所の壁を10体のアラシだけで攻撃したとすると、TDSPが9,210なので15~17秒で破壊できる計算)、壁破壊のスピードを優先するのか、それとも破壊後を優先するのかによってアラシorトウヤの2体編成の好みが別れそうです。

 

最後にNo.05の方の編成で普段あまり見かけないゴルヴァンがいたことが妙に嬉しかったですwゴルヴァンを編成する際その力を全て発揮させてあげるにはヒルデが絶対必要なので、しっかりと理にかなったパーティですね。外側はクマリンで破壊しつつ内側はゴルヴァンの壁特攻で侵攻。壁特攻持ちのユニット数を考えると単純に内側の壁破壊の速度はアラシに劣ると思いますが、その分HPやトラップダメージ半減などの特防で生存率があると思うので比べてみてもこの場合どちらが上か下かは測りかねますね。ただこの編成において唯一の気がかりはちゃんとした遠距離ユニットがユッカ一枠なので、仮に何かしらの理由で射程1のキャラが壁に手こずり集中的に狙われると怖いというのはあります。範囲砲台も強化が進むとその威力はかなりのものになりますからね!この点だけは注意したいところです。

 

それではまた次回のブログでお会いしましょうノシ

長文最後まで読んでくれてありがとうございました!

 

※NALU`s select!

スポンサーリンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です