リトルノア報告書No.143【施設強化具合をメインに近況色々!】

クリックしてくれた方こんばんは、NALUです。

今回は久しぶりに近況報告を少し書こうかなと思います!もうすぐ3月シーズンも終わりそうではありますが、舟の強化具合やLEブロッカ編成のこと、ホムラの収集具合についてなどをポツポツと。

 

強化状況などの報告!

3月シーズンは対人戦のほうをマイペースに、舟の強化をメインに過ごしていますので現在クラウン6,177で全体の1700位ぐらいを彷徨っています。普通にマスターズにいること自体は無理なくできていますが、ここ数日予定通りに対人戦を行えていないこともあり一気に80ぐらいクラウンが減ってしまいました。

そんな中やっと強化第一陣といいますか、大型改修に入っていた防衛施設が一気に終わりまして。それがこちら!

速射砲〈20日〉、対空砲が16日〉、範囲砲台が15日〉と一段階上げるのに全て2週間以上要する施設ばかり!その代わりと言っては何ですが長い期間の改修に見合う活躍を現在は発揮してくれていまして、特に速射に限っては数字上でパワーアップしている以上に『稼動している』ということと、『見た目の変化がもたらす影響』が大きい”のではないかと感じています。Lv.04→Lv.05に上がり全身シルバーだった見た目から金のパーツをあしらう様になったことでインパクトというか威圧感が以前にも増して強くなったように思いますし、マッチングの際にそこを一つの基準にする人も多いのではないかなと(メガトン砲の黒縁と同じ意味)。100%獲れる自信があってもできるだけローリスクで戦闘を行いたいというのは自然な気持ちですからね。見た目の与える影響は対空砲台や範囲砲台が赤くなったときも同様の効果が期待できると思いますが、陸空関係なく力を発揮してくれる速射の振り幅が個人的には一番大きそうかなと。今回の強化で戦闘前の防衛力が少なからず上昇しればいいんですけどねw

 

ここからは最近頑張っているLEブロッカ編成の変化について少し。

以前アラシを編成していましたが、火力が強力な反面穴開け作業に少々難があって苦労していたんですよね。ブロッカを似たような位置に出したとき当たり前ですが纏まる傾向があり、壁へ到達する前に氷メガトンだったり風属性の付いた普通の砲台ややぐら砲台などで足止めをくらうと全体的にスピードダウンしてしまうところが非常に煩わしかった。

そこでまず中に入る前段階を如何にスムーズに遂行するかということに重点をおいたとき、一案としてティアベルの必要性を感じたので必然的にアラシが弾き出されました(ユッカと入れ替える選択もありましたが、今回は無差別を残しておきたかったのでアラシにしました)。別にアラシを入れていた前の編成が駄目という訳ではないと思うんですが、実際以前の編成を使っていると『火力面は案外サマサで事足りているのでは?』という疑問と、先に書いた『ブロッカ足止め問題』がクリアしなければいけない最優先事項となったのでこうなりました。

変えてみての感想は思っていた通り壁への到達もスムーズになり穴開け作業も早くなりました!この点は思惑通り運んでくれているので変えてよかった点ですね。ただ変更前に比べよりユニット調整がシビアになったので、この点は注意しながら使っていきたいところ。特に最後資源タンク系を壊しきれず93%とかで時間切れが何度か続いたので、攻撃しながらも全体を見ながら攻撃した反対面にも意識を配る余裕を今後は培っていきたいです。

 

そして一番最新キャラであり前回のリトルノア報告書でも書いたホムラの収集状況ですが・・・こちら!

とりあえず2枠カンストで、一番右のSRはユニット数8/12ですかね。まあ無事2枠できましたのでこれ以上無理して集める必要は無いかなと(一度も無理した覚えはありませんがw)。一昨日?から超級もきて全体ダメージ報酬もより多く貰えるので、SRの子を進化&カンストさせるまでできれば自分の中では御の字です。

 

それではまた次回のブログでお会いしましょうノシ

※NALU`s select!

スポンサーリンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です