リトルノア報告書No.144【額面からは測れない少女ティアベルの有能さ!】

クリックしてくれた方こんばんは、NALUです。

何度も書いていることで恐縮ですが、最近必ず対人戦の1/2をLEブロッカ編成で攻めるようにしています。理由は言わずもがな少しでも慣れたいというのが一番で、毎回使うごとに新たな発見や使い方の変化などがあり、とても新鮮な気持ちで対人戦を楽しめています!

そんな今回は前回のリトルノア報告書No.143【施設強化具合をメインに近況色々!】』でも触れた新たに編成して使っている少女ティアベルについて、改めてその感想を書いていこうと思います。文字情報だけでは読み取れない実際の使い心地を少しでも伝えられたら嬉しいですし、「育てたけれど使ったことが無い」という以前の私のようなプレイヤーの方が試す切欠になれば。それではさっそく書いていきましょう!

 

少女ティアベルといえばリトルノア内唯一の状態異常回復キャラクターとして認識されていると思いますが、既存の振り分けで言うとヒーラーに属すると思います。ただ純粋な陸ヒーラー達(クレリーやアニエス)には回復力の面で劣っていて、単体で見たとき正直そこまで使えるキャラだとは思っていませんでした(文字情報だけの感想)。秒間回復力は133とクレリーの1/5以下ですし、ユニット数も最大9と他と比べたときにどうしても見劣りしてしまいますし。

しかし、この少女ティアベルが実装されたことで既存のキャラクター達ではやらなかった新たな編成が開拓!それは皆さんご存知『ダブルヒーラー編成』です!クレリーorアニエスとこの少女ティアベルを組み合わせることで、生存度が増すだけでなく”侵攻力”が間違いなく上がりました!これは多分他のプレイヤーさんの映像を観るよりも実際自分でプレイしてみる方がインパクトの大きさを感じられ、また自分の中の編成のセオリーみたいなものを良い意味で壊してくれると思います。

私のLEブロッカ編成でもアラシを外し少女ティアベルを入れたことで余計なダメージを受けなくなったのは間違いないですし、これにより先も書いた侵攻力が上がり後ろの攻撃組み(サマサ&ユッカ)が敵施設を壊しやすくなったとも感じてすらいます(体感ですけどw)。

ティアベル単体で使えば額面そのままの性能ですが、ダブルヒ-ラーで使った場合その存在感は2倍にも3倍にも大きくなり自軍を助けてくれること間違いなし!一度は試しに編成してほしい組み合わせ』ですね。

 

ちなみに実際の戦闘シーンはこんな感じ。

結構局所的な画像ではありますが、LEブロッカやチュロスが前衛でタゲを取ってくれる時間が確実に延びましたね。特に内側へ入って行き完全にプレイヤーの手を離れてからの”自力”とでも言えばいいのでしょうか、どのキャラもちゃんと自身の力を十分発揮できていると感じる機会が多くなりました(100%獲れるかはまた別の話ですが)。

 

ちょっと横道に逸れますが防衛施設の『属性別効力(付ける意味)』をざっくり考えると、

  • 【火】であれば通常よりも多くダメージを与えたいから。
  • 【氷】であれば敵のスピードを遅くさせたいから。
  • 【風】であれば敵を寄せ付けたくないから。

上記記載がそれぞれの属性を付与する主だった理由だと私は思っているんですが、”火以外”の2属性に関してはこちらからの攻撃というよりも相手の弱体化だったり如何に被害を受けずに削るかというのを目的とした属性ですよね。『倒す』ではなく『足止め』。個人的にこの”足止め”の部分の解消を新たに編成した少女ティアベルに期待している訳です!むしろ回復に関しては+αですね(個人的観点)。それに魔法陣が展開されている時間も結構長いので、0.5秒間隔というのは速射に対しても【1対1】では分が悪いですがそれなりにユニットがいれば押し返されることも無くぐんぐん進んでいけます!こういうのを今自分の編成に求めているのであれば一度少女ティアベルを入れてみるのをオススメしたいですね。

※”回復に関しては+α”と書きましたが実際にヒーラーとしても十分な回復力を持っています。ただクレリーorアニエスが1発の回復で2,000とか回復するのに対し、少女ティアベルは魔法陣が展開されている間(約4~5秒ぐらい?)0.5秒間隔で400ずつ回復していくスタイルなので、回転率の高い施設相手だと耐えられる時間が短くなると感じていまして。極端な話ギリギリのHPで耐えた(残りHP100)場合、最初で2,000回復してくれればHP2,100なので仮に次の単発攻撃が2,100未満であれば耐えられますが、少女ティアベルは0.5秒間隔で400なので仮に1秒後はまだHP900。そうなると耐えられる攻撃量がクレリーorアニエスに対し少なくなるということです(ただ3秒間という時間を決めての回復量で競えば、2,800の少女ティアベルがTOP)。まあ挙げた例は極論なのですが、そもそもの回復スタイルに違いがあるので優劣は一概に言えないですよねw

 

ここまではメリットばかり書いてきましたが、編成する際のデメリットというか注意としては間違いなく火力面に対する心配だと思います。私の陸を例に出すと、

このように入れ替えた訳ですね。

フレンド枠の援軍にマリンを連れてくる前提で話しますが、純粋な攻撃枠が3(サマサ・アラシ・ユッカ)→2(アラシ抜き)になるというのは普通にキツイです。単純に攻撃をする頭数が減る訳ですから当たり前ですよね。このダブルヒーラー編成はこの問題を自分の中でクリアできるかどうかでやれるやれないが決まりますが、クリアできるなら間違いなく強いです!ここは割と自信を持って言えます!でも前述の問題をクリアできないなら普通のヒーラー一枠の方が使いやすいと思いますし総合的な火力も高いと思います。結局は『火力重視』か、それとも『侵攻力重視』かということで、こればかりは自分の腕とやる気、また好みの問題なので好きなのを選ぶのが一番!上達に関しても自分が使いたい編成で戦った方が上手くなる(慣れる)のも早いと思うので、直感を大事にしてほしいです。

 

何だかんだ纏まりなく長文書いてきましたが、要約すると『ダブルヒーラーは一度は間違いなく試す価値のある編成』ということが言いたかったのだと感じていただければ。勿論単体での使用も駄目という訳ではありませんが、私の経験からオススメはしないということです(回復範囲が広いとはいえ1体の占めるウエイトが高過ぎかなと)。あくまで少女ティアベルに期待する役割は”異常状態回復”なので。

 

それではまた次回のブログでお会いしましょうノシ

長文最後まで読んでくれてありがとうございました!

※NALU`s select!

スポンサーリンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です