花粉症のレーザー治療を体験してから約10年ぐらい経った私の経過報告。実際効果はあったのか?

クリックしてくれた方こんばんは、NALUです。

いきなりですが皆さん花粉症にかかっていませんか?私は見事に花粉症です。

昔からアレルギー性鼻炎って言われていて、中学生ぐらいの時に花粉症でもあると言われました。耳鼻科で腕に傷をつけて液を垂らす検査みたいなのしたんですよ!それの結果を見た先生が言ったんです、「花粉症ですね」って。ショックでした・・・。それを機に解決方法の一つとしてレーザー治療に興味を持ちました。

 

ちなみに知らない方のために豆知識!「アレルギー性鼻炎」と「花粉症」の違い!

アレルギー性鼻炎はダニやハウスダストなどの通年生の抗原に反応する「通年性アレルギー性鼻炎」とスギ、ヒノキ、イネ科などの花粉に反応する「季節性アレルギー性鼻炎」に分けられます。この後者の事を一般的には花粉症と呼んでいます。したがって花粉症もアレルギー性鼻炎の一つですが一般的にアレルギー性鼻炎と言えば「通年性アレルギー性鼻炎」を指し、花粉症と言えば「季節性アレルギー性鼻炎」を指すことが多いようです。

引用先:https://www.jibika-operation.com/difference-of-hayfever-and-rhinitis

この解釈だと花粉症といわれる方のほとんどが両方なのかもしれないですね。ちなみに検査した当時、私は”ヨモギ”のアレルギーだって言われて、「ヨモギ・・・!?」ってなったのを鮮明に覚えていますwどうしても花粉症と言えば真っ先に頭に浮かぶのはスギやヒノキ、ブタクサとかですもん。ヨモギなんて当時の私からしてみれば想像もしない斜め上の答えでした。ちなみに食べる方は平気なんですよ!不思議ですね。

今や人口の〇割が花粉症!

20160925-02

日本で花粉症の王様と言えば、そうスギ花粉です。少し古いデータではありますが、2008年に耳鼻咽喉科医とその家族を対象にした鼻アレルギーの検査が実施されたらしいです。結果はというと

花粉症全体の有病率は29.8%、そしてスギ花粉症の有病率は26.5%

引用先:http://www.env.go.jp/chemi/anzen/kafun/manual/full.pdf#search=%27%E6%97%A5%E6%9C%AC+%E8%8A%B1%E7%B2%89%E7%97%87+%E4%BA%BA%E5%8F%A3%27(P4)

という結果が出たみたいです。このデータから既に8年経過している訳ですから、さらに増えているのではないでしょうか?

まずレーザー治療とは?

鼻の粘膜を焼いて反応を鈍くし鼻水・鼻詰まりを抑えるという治療法です。薬の服用をあまり行いたくない方用の処置の一つ。私も単純に毎日薬飲むのがめんどくさいし、良くなる可能性があるなら実際に体験してみようと思い挑戦しました。もちろん完全に完治するとかアレルギー体質ではなくなるとかいう治療法ではないので、鼻の状態に合わせ数年に一度また行う必要があります(当時の私は情報が少なく、成功すれば完治するものだと思ってました)。

実際レーザー治療を受けてみて。

当日の流れを覚えている限りですが説明します。

  1. 受付で色々記入。
  2. 麻酔(鼻の中に麻酔薬を含んだ脱脂綿みたいなのを入れられます。確か15分ぐらい)。
  3. レーザー治療本番(たまに麻酔の効きが悪い部分は熱さを感じます。あと鼻の穴から煙が出ます)。
  4. ネブライザー(蒸気にした薬を鼻から吸引するやつ)。
  5. 終わり。

ざっくりですがこんな感じで、大体1時間ちょっとぐらいで全て終わったような気がします。でも、これをひと月ごとに3回繰り返します!

何でかって?鼻の粘膜が2~4週間で回復するらしく、定期的に焼くことによって回復の期間を長くしていくみたいな説明を受けたような気が・・・。病院によって多少違うようなので正確なことはわかりませんが私の時にはこれがワンセットでそれで効果が出てるかどうかを判断するみたいな感じでした。費用はちょっと覚えていませんが、デメリットとしてレーザー治療をした当日は、鼻水が止まりません!鼻血も出やすいです。個人差はあると思いますが私は終日箱ティッシュとお友達でした・・・(鼻水は粘膜の回復と共に収まっていきます。2、3日ぐらい)

それで実際効果はあったのか?

レーザー治療をする前の説明で、「7:3ぐらいの割合で効く」って言われてて、「万が一効かなかったら鼻の軟骨を切除するとか他の方法もありますから」と先生も笑顔で言ってたので何だかんだ大丈夫だろうと思ってましたが・・・。

【処置が終わった経過報告一発目での先生とのやりとりの一部】

先生「(鼻の穴を覗きながら)どれどれ?あら、効いてないですね。

私「え!?効いてないんですか?」

先生「焼いたところが再生しちゃってます

効かない3割に分類されたー!当時のショックは計り知れず、凄まじい絶望感でした。結構期待して受けたのでそりゃもうね。軟骨除去手術を受ける気も、他の病院で二度目のレーザーを受ける気にもなれず、その後は酷い時だけ飲み薬を飲んで対処の日々を送っていたのですが、病院が遠かったこともありその病院からは少しずつ足が遠のいていきました。

ただ私がレーザー治療を行ったのは約10年前なので、今はもっと技術も進歩していると思います。なので現在受けるかどうか迷っている方はネット等で調べ、実際に病院で相談されることをオススメします。

10年後の今とレーザー治療後に行った努力!

効いてないって言われてから早10年。正直な話をすると今現在当時と比べて私は鼻炎が格段に解消されています!なぜかはわかりませんが一年に何度かぽつぽつとある酷い日を除けば、普通の花粉症の人よりかはマシなんではないかと自分では思います(注射とかも打ったことありません)。そこでこの期間何か鼻炎に対して努力したかを遡ると、やはり無理にでも鼻呼吸をする!ではないかと自己分析。大事なことなのでもう一度言います。

無理にでも鼻呼吸をする!です。

鼻炎持ちあるあるだと思うんですけど、鼻が詰まっているとおのずと口で呼吸しちゃいますよね。当たり前です、鼻で呼吸できないんですから。呼吸しなきゃ死んじゃいますもの。鼻かむのも繰り返してると鼻の皮膚が赤くなってきたりして辛い。でも、鼻呼吸をするのです!極力鼻呼吸をして鼻を鍛えるのです!!

私の場合辛くても鼻呼吸しようと思ったきっかけは、口呼吸は細菌がダイレクトで身体に入ってくるというテレビ番組を観たのがきっかけでした。それからというもの最初は特に意識して口を閉じて鼻呼吸をする日々。いかに今まで口呼吸をしていたのかと思ったのを覚えています。

それからずっと鼻呼吸を意識的に続けていますが、そのおかげかどうかはわかりませんが、当時よりも良くなったのは間違いありません!それは断言できます!

結果として、それが唯一で最大の近道なのではないかと私自身は体験を基に感じました。もちろん食生活や生活習慣などを変えれば更に変化が現れるのかもしれませんが、すぐ実践できる方法として鼻呼吸をオススメします!

 

それではまた次回のブログでお会いしましょうノシ

・最後まで読んでいただきありがとうございました。一つの体験談としてこの情報が多くの方のお役に立てばと思います。

スポンサーリンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です