パズドラ報告書No.390【マシン系のチャレンジモードをコンプリート!やっぱり闇メタは別格の強さ!】

クリックしてくれた方こんばんは、NALUです。

月末のアップデートでチャレンジモードが廃止されるため、いけるところまでクリア目指し絶賛挑戦中だったりします!ナンバードラゴンシリーズ完遂の報告は以前紹介パズドラ報告書No.370【『コインダンジョン』&『チャレンジモード』終了のお知らせ。月末までにいけるとこまで頑張ろう!】)しましたが、このたび何とかマシンシリーズもコンプできました!正直いけると思っていなかっただけに、コンプできたのはかなり嬉しく、積み重ねというか”続けてきた効果”みたいなのが目に見えて表れたなと。そんな今回は、【マシンゼウス・マシンアテナ・からくり五右衛門】を攻略した編成の紹介をしていこうと思っています!

 

各ダンジョンの編成はこのような構成で!エイルの存在はつねに必須級!

【マシンゼウス】

  • 闇メタ【リオレイア装備(毒耐性)】※悪魔キラー×3
  • カミムスビ【転生ガネーシャ(緊急用)】※悪魔キラー×2、遅延×2
  • エイル【クトゥグア(コンボ加算)】

※フレンドはナルガクルガ装備など、暗闇耐性付きを拝借。

《一言メモ》B2→3にかけて、割合に3万超の先制攻撃と連発しますが、しっかり7コンボすれば回復しなくても耐えられるので安心。シェロスパーダ(B7)もエイルを使えば大丈夫ですし、関門は”ボス戦で闇メタの陣が裏切らないこと”だけ!w

 

【マシンアテナ】

  • 闇メタ【リオレイア装備(毒耐性)】※悪魔キラー×3
  • カミムスビ【風神(ダメージ吸収無効)】※悪魔キラー×2、遅延×2
  • エイル【クトゥグア(コンボ加算)】

※フレンドはナルガクルガ装備など、暗闇耐性付きを拝借。

《一言メモ》B7のセロでしっかり風神のスキル溜めを!その後出てくるスタージャスティス(B8)やマシンアテナ(B10)も遅延を使ってくるので、ダメージ吸収無効をアシストしたキャラには、最低2つはスキル遅延耐性が欲しい(欲を言えば6つ付けて初手撃破が望ましい)

 

【からくり五右衛門】

  • 闇メタ【リオレイア装備(毒耐性)】※悪魔キラー×3
  • ハーデス高杉【アポカリプス(ボス戦用)】※体力キラー×2、遅延×2
  • エイル【クトゥグア(コンボ加算)】

※フレンドはナルガクルガ装備など、暗闇耐性付きを拝借。

《一言メモ》ボス前のHP管理に注意!からくり五右衛門は先制で63,000の攻撃を使ってくるため、軽減を使った状態でどこまでなら耐えられるのかを事前に確認しておきましょう(ホムラ(B6)の倒しかた次第では、エイルのスキルが使えない場合も十分可能性としてありえます。ボス戦から逆算しスキルを考えましょう)

 

正直闇メタが強過ぎるため、サブはある程度範囲が広く選べると思いますが、”エイルだけは必須級”だと思っています。スキルで覚醒無効を回復できるだけでなく、場合によっては追い討ち用の回復ドロップを生成するためにも使えますし、何より覚醒スキルの回復ドロ強で回復力を補えるのが最適!降臨キャラなので、闇メタを持っているのであれば必ず作っておくべき選択肢かなと、今回改めて感じましたね。また、からくり五右衛門でカミムスビを高杉に替えたのは、潜在キラーの上書きが勿体無かっただけなので、そこを気にしないのであればそのままでも大丈夫なはず。ただ、ゼウスやアテナに比べからくり五右衛門のHPは格段に高いため、キラーの必要性は間違いなくあるでしょう。キャラが減ってエンハンスを積む余裕もありませんから、そこは妥協できないポイントだと思います。ちなみにマシンヘラだけは、【ライナー×ライザー(サブ:風神とオデドラ)】でクリアしました。そのときはそれが最上の選択だと思っていましたけど、振り返ると「闇メタのほうが安定したかも?」なんて思ったりもw試してないので分かりませんが、それぐらい強力で汎用性の高いリーダーだと、この機会に再認識しました!

 

今日の生放送後の公式Twitterで、メンテナンスが10/29(月)20:00から始まることをアナウンスされています。多分このメンテ後から、『チャレンジモード及びコインダンジョンの廃止』が可能性としてあると思われるので、それまでにできるところまで頑張りましょう!

 

それではまた次回のブログでお会いしましょうノシ

※NALU`s select!

スポンサーリンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です