パズドラ報告書No.592【最後の【闇】は”毒・暗闇・遅延”の3つが大事!精霊王チャレンジ、お疲れ様でした!【一度きり精霊王チャレンジ】】

クリックしてくれた方こんばんは、NALUです。

昨日の記事でお伝えしたとおり、『一度きり精霊王チャレンジ』は全て終わりました!ギミックはそこそこありましたけど、全体通して難易度的にも易しく、楽しんでプレイすることができたと思います。そんなチャレダンのラストを飾った【闇】ですが、ここまでで一番難しいと感じた【木】並みに色んなギミックがありまして、全体見ても1、2を争う難しさだったのではないかなと。相手のダメージというよりも、対策の不備で嫌な流れに陥るパターンがあり、それによって敗北するイメージのほうが強いですかね。そこをちゃんと準備できるかどうかによって、受ける印象が変わってくるように思います。

 

ボスよりも道中!”毒と暗闇”は絶対欲しいと感じました!

精霊王チャレンジラストの【闇】では、ちょっとだけ懐かしい「サーヴァント・セイバー」で攻略してきました!エドと同じ35%軽減(HP50%以上時)を持つ多色系リーダーで、最大攻撃倍率は18倍を発揮。編成のHPも46,000ぐらいありましたから、安定感には期待していました。また、フレンドももちろんセイバーを借りまして、耐性に関して毒だけは100%だったはず?その他の部分は色々穴だらけですけど、何だかんだダンジョンの難易度は高くありませんから、この構成であれば火力でごり押していけるだろうと思っていました。しかし、実際はB9のフォークロアで、あわや死ぬ寸前まで追い詰められたりと苦戦する場面も。やはり昨日も書いたとおり、”覚醒無効”はどの編成にとっても厄介で怖いギミックですね(覚醒無効→99%割合ダメージとかは本当にキツイ)

ちなみにこのダンジョンの最後には、ボスであるモアが登場するわけですが、暗闇と遅延さえ対策していればワンパンも十分可能だと思います!硬くはないですし、属性相性を活かしたり適正キラー武器を付けるといった準備をすれば、あっという間に終わるでしょう。ただ、私のように事前準備を怠ったり、ボス前のビッグフットでリダチェンを受けたりすると、戦いは目に見えて長引きます。なので、メリハリのある立ち回りを意識し、突破するしないの見極めを気をつけましょう(簡単なダンジョンだからといって侮っていると、意外に後半の敵はHPが残ったりします)

《リザルト》

  • 獲得コイン・・・490,685
  • 獲得経験値・・・243,906

 

 

全てを終えた総括としては、二度目とはいえ今回も楽しくプレイできました!内容はそこまで難しくありませんでしたけど、結構ギミックも盛りだくさんでしたし、そういう意味ではいい練習になったのかなと。また、一番記憶に残っているのは【水】のB17~19で、エノク、フォークロア、ケプリが出現しギミック祭りだったところでしょうかw回復が消せなくなったり、覚醒無効やダメージ吸収、操作不可といったギミックが、この短い間にたくさん出てきたのはとても印象的でした。

 

それではまた次回のブログでお会いしましょうノシ

※NALU`s select!

  • パズドラ報告書No.591【残り二つも無事制覇!全体通して厄介だったのは”覚醒無効”だけ!【一度きり精霊王チャレンジ】】
  • パズドラ報告書No.590【火に続き水木も攻略!残りは光と闇だけ!【一度きり精霊王チャレンジ】】
  • パズドラ報告書No.589【待望の要素がついに現実化!「アシスト退化」は神アプデ!【Ver.17.2アップデート】】

スポンサーリンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です