パズドラ報告書No.101【進化祭り!-PART9-】

クリックしてくれた方こんばんは、NALUです。

昨日に引き続き今回も『進化祭りシリーズ』をお届けしようと思います(第9弾)!少し間を空けるつもりでしたが今回紹介するキャラが昨日実装になった2種という事もありまして、『鉄は熱いうちに打て』という諺にもある通り可能であればなるべく早く記事にしたく、丁度進化素材も手元に揃っていたという事も重なり早速進化させ使ってみた感想をお伝えできればなと!

両方☆6フェス限でGET自体縁が無ければできませんから、折角ですしこういう機会は積極的に記事にしていきますよ!それでは早速本編書いていきましょう。

 

召喚の聖魔王・パイモン!

念願の光属性”追加攻撃”持ちの光分岐パイモン!長らくBOX待機キャラクターでしたが、今回の進化で一躍レギュラー確定となりました!w

今迄光属性の追加攻撃持ちキャラクターといえば《ヒロインガチャのモミジorジューンブライドガチャの花嫁シェアト》の二択で、両方私は所持していないこともあり見かける度に羨ましくなったものです。しかし、今回新たにパイモンが追加攻撃の覚醒スキルを所持したことで私のヨグパにも遂に根性対策がなされ、より強力で汎用性の高い編成となりました!

それに注目部分ですから当然そこに目が行きがちですけど、こちらの光分岐の方はHPがプラス含めMAX8,392とかなり高い数値!その他2項目も横這いながら普通に強力なキャラクターですし、ゴッドフェスで常に狙えるとあって今後欲しいプレイヤーは増えそうですね(「流石☆6フェス限!」と言える性能)

編成は先も書いた通りヨグパのサブとして使用予定。他で代えが利きませんから当分パイモンの地位は安泰ですかねw

パイモンが入る前はこの枠に正月レイランがエンハンスを継承し編成されていましたが、LFヨグなら陣スキルは計3つと足りてますしエンハンススキルをパイモンに移すだけで万事事足りそう。また覚醒スキルがドロップ強化メインで似ているところなんかも使い心地に変化が少なくて良かったですし、今後も100%プラス付きドロップを維持できて一安心♪

とりあえず残り少ないプラス付けとスキルレベルのカンスト(最短7ターン)目指し使いながら優先的に育成していきたいと思います!

 

嬉瞳の魔神爵・グレモリー!

より強く美しくなった木分岐グレモリー!進化前に比べ小悪魔感を強く感じるのは私だけではないはずw

覚醒スキル自体は両分岐とも進化前と変わらずに、ステータスアップとLSに若干の変更が加えられた究極進化となりましたね。進化前で覚醒スキルが9つ埋まっていた事もあり予想通りそちらの変化は何も無し。分岐ですからそれぞれ一つぐらい入れ替えがあっても良かったかななんて少々残念な気持ちです。

私の選んだ木分岐グレモリーは上で紹介したパイモン同様HPが高く(+99で8,192)、スキル使用時3タイプ(神・悪魔・体力)の攻撃力が3倍で、回復十字消しではダメージを軽減(35%)&攻撃力5倍とLF最大225倍の高倍率を出す事が可能!ちなみに闇分岐の方はタイプの1種が体力→バランスに変わり、スキル使用時の倍率が2倍ながら回復十字のダメージ軽減率が半減&攻撃力6倍となっていてどちらも一長一短。それに私はサブ使用がメインとなりますから、決め手は正直絵柄の好みです(副属性も少し考慮した部分)w

編成は今迄と基本変わらず闇アテナパのサブ(バインド要員)として頑張ってもらう予定。副属性に木が付いた事で全属性必須時には転生ツクヨミとノクティスを交代するだけで対応できるなど今後益々使用機会が増えることでしょう!

また今後パンドラGETの暁にはグレモリーパの復活も楽しみ!現状手持ちで闇の属性強化(列)に適したキャラが覚醒ルシファーズオーしかいない為、残り2枠に今後どのキャラと縁があるのか乞うご期待♪レア度の高いキャラは活用方法が沢山あって楽しいですね♪

 

 

今回の分岐究極進化実装は私にとってかなり大きな変化で、特にパイモンはGOOD!多く使用する編成(属性)には追加攻撃があると何かと便利で使用機会もより増えていきそうな予感!?

それに実際闘技場なんかに挑戦する際も追加攻撃の有る無しで攻略難度が変わってくると感じるので、今後フェス限で言えばスクルド&カミムスビとの縁を願いつつ、手に入れていない新たなキャラをGETしていきたいと思います(分岐進化なので両キャラの2体目にも期待)

 

それではまた次回のブログでお会いしましょうノシ

※NALU`s select!

 

スポンサーリンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です