パズドラ報告書No.107【一撃!?耐久!?最近よく攻略に使う編成をご紹介!】

クリックしてくれた方こんばんは、NALUです。

今回はパズドラライフも330日を超えある程度キャラクターも揃ってきた中で、『最近よく攻略に使っている編成』というのを一度ご紹介してみようかなと思いキーボードを叩いております!改めてどういう理由からこの後紹介する編成を使っているのかということを自分自身再確認する意味でも、一度こういう記事を書きたいと思っていました。

今迄『新編成、〇〇パ』というタイトルシリーズでご紹介したものと殆んど変わっていないものもありますが、使う意識だったり「楽しい」や「練習になる」と言った個人的心境等をもう少し詳しくお届けできればなと思います。それでは早速本編書いていきましょう。

 

一撃抜きのヨグパ!迷ったら大体この編成を使います!

基本的に攻略目的であれば大体優先してヨグパを使います!理由は言わずもがな火力も高くある程度耐久もでき、サブキャラも手持ちで豊富な光属性という事も理由として挙げられるなど多様性に長けている印象がありますので、悩んだ時はとりあえず「まずヨグパ」という感じでいつも使っています。

パターンA(基本ファーストチョイス)

パターンB(全属性対応用)

まずヨグパという部分の理由をもう少し具体的に説明すると、『追い討ちキャラの選択肢が2パターンある』という事と『ぎん千代の存在』の2点ですね。寧ろ”この2点”が最大であり唯一の理由と言っても過言ではなく、それぐらい重要で最近実装された分岐進化に感謝感謝♪

まず前者の『追い討ちキャラの選択肢がある』という部分に関しては他と違いパイモン&火分岐サリアの2種が光属性の中で選択肢としてあるのが大きく、基本はパイモンを加えた編成を使用していて、全属性必須時や陣スキルが多く欲しいダンジョンなど特定の理由がある場合はサリアを入れた編成を使用するといった感じで使い分けていたりします。どちらの編成も火力面の心配は必要ないので、それ以外の外的要素を吟味しどちらを使うか選ぶといった感じですかね。

そして後者の『ぎん千代の存在』は読んで字の如くぎん千代が強いという話!w7コンボ強化×2はヨグパのサブとして編成すると一人だけ火力の桁が違う事が多々あり、そこが魅力でもありながら火力調整が苦手な理由でもあったり。まあ火力調整が必要なダンジョンはこの編成では挑まないので問題ないのですが、仮にエンハンスが無くても堅い敵を一撃抜きできるので非常に重宝しています!比較的ぎん千代が実装されてから早めに入手できたので、縁あって本当に良かったですし今後複数体所持を狙っていきたいキャラクターの筆頭ですね!

 

耐久ならジュリパ!キラーで火力も補えます!

こちらは耐久が必要なダンジョンでよく使う木水混合2way編成のジュリパです!2色で軽減&攻撃倍率が発動し、木or水属性であればHPと攻撃力に常時2.25倍も掛かっている為耐久し易いのが魅力的!サブは最近このメンバーで固定されつつありますが、この他にも多数相性の良さそうなキャラクターが存在しますので、縁あれば常に高みを目指すという意味でも編成し積極的に使っていきたいと考えています。

正直この編成は現段階で既に不満は限りなく0で、如いて挙げるならスクルドラグドラをいつか入れて使ってみたいな♪」という気持ちぐらい(ミトの枠はオデドラ編成も機会があれば)。水属性の追い討ちキャラクターを所持していないのでヨグパの後塵を拝す現状ながら、先も名前の出たスクルドやリューネがくれば立場の逆転もありえるかもしれないですね!wそれぐらい非常に使い易く汎用性のある編成だというふうに使っていて感じます!

それに『何だかんだこのジュリパが使っていて楽しく好き』だというのも積極的に使いたい大きな理由としてありますねwパズル時間も長く火力もそこそこで、カエデやシェアトといったお気に入りのキャラ達も使える。上記記載した事含め様々な理由から今後更に強化していきたい編成だと言えますし、長く使っていきたいパーティですね♪

 

 

今回紹介した2編成(厳密には3編成)以外にも闇アテナパであったりライトニングパなんかも攻略ダンジョンとの相性によっては偶に使うのですが、『どのダンジョンでもある程度戦える!』という事であれば基本上記2編成に絞られたので少ないながらもご紹介させて頂きました。

もし今後より使い易く強いリーダーキャラを入手し編成が組めましたらまたご紹介させてもらうと思いますので、もし宜しければその際も読んでくれると嬉しいです♪

 

それではまた次回のブログでお会いしましょうノシ

スポンサーリンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です