パズドラ報告書No.141【キラーの凄さを改めて実感!】

クリックしてくれた方こんばんは、NALUです。

タイトル通りではありますが、今回は『キラーが凄い!』という話を一つ。普段そこまで意識して編成を組まない為に本日起きたある出来事で強くその有用性を感じまして、その驚きを書き留めておくという意味でも一記事書きたくなりましたのでキーボードを叩いています!

ある程度の期間パズドラを遊んでいる方であれば今更な内容かと思いますが、もし宜しければお付き合い下さい!それでは早速本編書いていきましょう。

 

 

舞台となるのは『制限付き降臨ダンジョン【コスモクルセイダー(高難度チャレンジ)】』!”2体以下編成”は文字通りの高難度!

この土日に初めて開催された制限付きダンジョンの”高難度チャレンジ!マシン系が多く出現する『コスモクルセイダー降臨』が御馴染みの制限難度(2体以下編成、3体以下編成、4体以下編成)で登場した訳ですけど、皆さんチャレンジしてみた感想は如何でしたでしょうか?私は正直高難度ダンジョンの名に相応しく感じ、非常に苦戦しました。

 

初日下2つを闇アテナ編成で楽にクリアし、「高難度と言っても所詮通常の降臨ダンジョンと大差ないなw」なんて余裕と感じたのも束の間、一番上の2体以下編成が何回挑戦してもクリアできないんですよね。闇アテナ(サブ【闇コットン】)でもヨグ(サブ【光分岐パイモン】)でもダメで、途中惜しいところまで行った回もありながらボスの発狂を食らい撃沈・・・。道中毒やお邪魔ドロップ生成で妨害してくる敵も多く、改めて本当厄介なダンジョンだと思いました(B2でも発狂食らい2度敗北。最低8回はやられました)

そこで色々Twitterや攻略サイト、動画なんかを調べた結果一つ手持ちでも組めそうな可能性のある編成を見つけまして、それが今記事の主題とも言える『ライナー(進撃コラボ)編成マシンキラー×2です!

サブについてはB2でサブ1体にバインドが飛んでくる為、完全バインド耐性の転生アスタロトを編成!ライナーのLSとは微妙に噛み合わないですけど、毒などの妨害ドロップを変換できるキャラであれば別にアスタロトでなくても大丈夫!陣は勿論、最悪パズルに自信があれば列変換とかでもいいかな?とにかく【完全バインド耐性・妨害ドロップ変換】を搭載したキャラであれば問題ないと思います(覚醒スキルが”属性強化型”であれば尚良い)

後は実際の攻略についてなんですが、あまりの簡単さに特別書く事も無く、闇アテナやヨグで挑んだのが何だったのかというぐらい非常に楽でした!w如いてポイントを挙げるなら、B2の左が木吸収で右のみ倒すとフォローリペア(右を復活)しますので、幾らかスキル溜めをしておくと後半ライナーのスキルが溜まるかも!?私は結局B2突破時にアスタロトを使った以外スキルは使わず(というか溜まらず)、ラストのボス(変身後)も木1列+その他6コンボぐらいで一撃撃破!見事一発でクリアできました(ジェロスパーダの発狂ならHPMAX状態でギリギリ耐えられます)

 

勝因としては『ライナーのLSが耐久向き』であった事と、今回で言えば間違いなく『マシンキラーが凄かった』という2点!木の1コンボとかで上手く1体ずつ減らすなんて技もありますし、進め方についても何通りもあるんだろうなと感じましたね。

まあ今回こういう良い経験をさせてもらったお陰で今後編成を組む際は強くキラーを意識するでしょうし、このような制限のあるダンジョン攻略時には一つの方法として有効なのだという勉強にもなりまして、次回があれば調べなくても一発クリアできるよう頑張りたいですね!

キラーと言えば『龍契士&龍喚士ガチャ』で手に入れた6号(神キラ×3)&キリ(ドラゴンキラー×3)もいますから(シャゼルは未入手)、攻略対象のダンジョンを調べ柔軟に編成を組める頭を今後育てていきたいと思いました!

 

それではまた次回のブログでお会いしましょうノシ

スポンサーリンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です