パズドラ報告書No.211【新編成、浦飯幽助パ!】

クリックしてくれた方こんばんは、NALUです。

本日は、最近何かと話題に上がることが多い、幽遊白書コラボの『浦飯幽助』を新編成シリーズでお届けしようと思います!「現環境TOPクラスに強力なキャラクターなんじゃないか?」と、コラボ開催前から非常にワクワクしてました。今回運良く手に入れられたので、色々使い感想等々書いていければなと。

ただ、私の手持ちには俗にいう”最適解”と呼ばれるサブは殆んどおらず、完全に独自の編成なので、その辺あまり期待せずに「こういう人もいるんだな」ぐらいな気持ちで読んで頂けると幸いです♪

それでは早速本編書いていきましょう。

 

 

まずは改めて『浦飯幽助』の性能を確認!特筆すべきはやはり”あの部分”!

現在開催中の幽遊白書コラボにて手に入れられる浦飯幽助は、【7コンボ強化×2個+無効貫通】を所持するキャラクター。バレンタインネイ(通称バレネイ)に次ぐ2種目のドット外無効貫通持ちであり、リーダーorサブのどちらでも活躍が見込める優秀なキャラクターでしょう。

また、ロック解除付きの2色陣スキル”最短13ターン”で使え、火力を出したいときに自身だけで完結できるというのも魅力。バインドが効かないのは勿論、スキブも2つあり、さらにバランスタイプということでキラーの制限も皆無!光属性優遇と言われる現環境において、また1体凄まじいキャラが生み出されたものですねw

 

組んでみた編成はこんなメンバー!闘技場4をこちらでソロ挑戦中!

まあ無難というか、無課金プレイヤーであればこんなもんですかね。イデアルもいませんし、アマツやエド、ユウナも残念ながら未所持な私。最適解とはちょっと違った独自のサブメンバーとなりました。

ただ、個人的な印象としては上で名前を書いたキャラクターたちがいなくても、十分編成として機能していると思っています!何だかんだ火力も幽助一人でそこそこ出せますし、むしろ大事なのは”スキル面”なのではないかと。如何に欠損を少なくし、対象ダンジョン攻略のために必要なスキルを継承できるかどうかそこがこの編成において一番重要なのではないかと使ってみて感じましたね。

 

ちなみに、闘技場4挑戦時の【アシスト継承】は以下のようになっていて、

  • 幽助【サマソ武器(毒耐性+威嚇)】※潜在ドラゴンキラー×3
  • ぎん千代【ドットライトニング(レーダー龍喚士用コンボ加算)】※潜在悪魔キラー×3
  • パイモン【覚醒ラファエル(緊急用)
  • 光ヘラドラ【学園オロチ(時女神用)
  • オデドラ【サクラ(緊急用)】※潜在スキル遅延×4

【フレンド】

  • 幽助【ナルガ武器(暗闇耐性)】※潜在ドラゴンキラー×3

何度も良いところまでは進めているんですけど、残念ながらまだ攻略には至っていません。やはりレーダー龍喚士(B23)到達時のアシスト状況に左右されるのは言うまでもなく、道中の操作時間減少が中々厳しかったりも・・・。対策として貂蝉などの操作延長スキルが欲しいとは感じましたね(まあ付ける枠がないんですけど)

 

火力はLFにお任せ!?可能であればサブに1体コンボ強化持ちが欲しい!

ご覧の通り、攻略ダンジョンによってはLFだけで十分な火力を発揮できていて、大事なのはサブメンバーよりもアシストだと改めて私は思います。しかし、可能であれば1体だけでもコンボ強化持ちがいると安定するのは間違いなく、ぎん千代やコットン、オイフェといった複数個持つキャラだと、さらに活躍を見込めそうだとは感じました!

それでも、オデドラやヘラドラのようなコンボ強化1個持ちでもこの程度出せますし、副属性の水もかなりいい数字を計上してますから、しっかり光属性で組んであげればどんなキャラでも、十分戦力として見込めると思います!

 

 

総括として、幽助自体の性能に疑う余地はなく、比較対象として挙げられるエドなんかとも『違った意味で並び立てる存在なのではないか』と感じました!軽減が無い代わりに大凡8万以上はHPを積め、7コンボすれば火力は上画像の通り。サブの幅も広く、今後長く使われていくキャラクターになるでしょう!

是非余裕がある方は、手に入れることを凄くオススメしたいキャラクターだと思いました(交換所を利用する価値も十二分にアリ)

 

それではまた次回のブログでお会いしましょうノシ

スポンサーリンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です