パズドラ報告書No.212【『運命の三針』初クリア!やっぱり幽助は強い!】

クリックしてくれた方こんばんは、NALUです。

本日は嬉しい報告があります!ついに闘技場4こと、『運命の三針』をソロクリア致しました!実装されてから早半月、推定ながら13回ぐらいの敗北を経験しまして、それを経ての初クリアは格別の味ですね♪

そんな今回は、《初クリアの感想・印象》をお伝えしようかなと!編成は昨日の記事パズドラ報告書No.211【新編成、浦飯幽助パ!】)で紹介したものなので、その辺は省き感想メインで書いていこうと思います!

それでは早速本編書いていきましょう。

 

 

対応力が凄い!大抵の相手で耐久可能なのが攻略の強み!

幽助獲得以前はリクウパパズドラ報告書No.204【初めて『運命の三針(闘技場4)』に挑戦してみた感想!と、その結果報告!】)で挑戦していて、それはそれで十分強く攻略の可能性は十分ありました。サブの火力は申し分なく、ソロであればLF両方超覚醒でバインド耐性プラスを付けられますし、あとは対峙する敵の運とミスしないということだけだったなと。

ただ、今回初クリアしてみて感じる最大の違いというのが”耐久面”の話。HPバッジを付けることで最大HPが9万以上になるため、発狂攻撃でなければ大抵の敵で1~2ターンそのままで耐えられるんですよね。それが気持ちの余裕にもつながり、またスキル溜めもできて一石二鳥!地味に回復力も高く、その部分が一番大きいとは感じました。

あとは、やはり幽助特有である無効貫通の占める割合は大きく、サブの選択肢の多さもありまして、今回無事クリアできたのだと思います!

 

この2キャラが地味にいい仕事!ランダム変換でも回復作れるのは有能ですね!

闘技場4はダメージ吸収キャラがサダルメリク(B14)しかいない代わりに、”根性持ち”が多く出現する可能性があります。序盤であれば五右衛門やジェロスパーダ、中盤にはホクライにサクヤ、終盤にかけてはアポロン等々、運が悪ければ全体の1/3が根性持ちなんじゃないかというぐらい沢山対峙するので、追い討ちキャラを編成のうえ、回復ドロップの確保は指定色を確保するのと同じぐらい重要なミッションではないかなと。

そこで登場するのが上画像の2種!追い討ち付きの『パイモン』に、『光ヘラドラ』といった”ランダム生成スキルを素で持つキャラクター”なんですね。ここが今回私にとって地味に役立ってくれました!

理由としては、先も言及した光&回復のランダム生成に、2種でドロ強×6個とプラス付きが確定落ち。パイモンはステも高く編成の総HP底上げに貢献でき、ヘラドラは自身でスキブを3個と、各々タイプは違いますがこのコンビで入れることは割と色んな面でメリットがあるのかななんて。

しいて欲を言えば近いうちに何かしらの潜在覚醒(操作時間延長プラス予定)を付けて、さらにの部分を作り出してあげたいと思います。

 

それでも結局は相手次第。操作時間減少キャラだけは出会わないように願う挑戦。

一度クリアできると、負けていたのが嘘のように何度も勝てるようになり、現状ソロで3回クリアできました。レーダー龍喚士もグラト、アムネル、ウォレスを倒し、時女神もヴェルが2度とスクルドが1度。ボス戦で耐久できるのがかなり安定を生みましたね(回復さえあればほぼ無限に耐久可能)

ただ、それでもやはり【B19:ペルセポネ】出現の有無に左右されるのは変わらず、クリア時には幸い出てきたことはありません。現状そこまでカバーするのは難しいので、私が挑戦する際は出ないことを祈るばかりです。

 

 

旨みという観点で闘技場4を見ると、レーダー龍喚士のドロップ以外見当たりませんが、ダメージ吸収無効スキルが必須でないぶん闘技場3よりも幾分クリアしやすいのかなと。

今後、持ち帰りできていないエナやウォレス、ディアラを求め定期的にチャレンジしようと思います!

 

それではまた次回のブログでお会いしましょうノシ

スポンサーリンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です