パズドラ報告書No.222【新編成、アロンダイト×アメノミナカヌシパ!】

クリックしてくれた方こんばんは、NALUです。

本日は、あまり見かけることのない新勇士シリーズから、『アロンダイト』を新編成シリーズでご紹介しようと思います!実装直後のみ話題になったシリーズで、最近ではめっきり見なくなりましたね。6周年記念放送で武器化することが発表されましたけど、中々素で使っている人も見かけないかな?と。

また、今回は比較的私の記事では珍しい”LFが異なる編成”になりまして、相方は欲しいキャラとしても最近よく名前の挙がる『アメノミナカヌシ』さんを拝借。LSの適正キャラを何とかある程度集められたということで、記事にしようと思いました。趣味パ色の強い編成にはなりますが、宜しければお付き合い下さい!

それでは早速本編書いていきましょう。

 

 

まずはLFの性能を確認!使ってみると意外にちゃんとしたキャラクター!

まず私の手持ちキャラであるアロンダイトは、最近操作時間延長が2つ増えたことでかなり使い易くなったと思います。元々バインドは効きませんし、覚醒スキルでバインド回復を持っているところも非常に優秀。封印やスキブといった最低限欲しいものもすでに完備していたため、指×2つの増加はかなり嬉しいアップグレードでしたね。

また、【2色変換+スタイルチェンジ】のスキルも、最短7ターンで使えると考えれば運用しやすく、アシストのベースとしても悪くないかなと。この性能を鑑みればコストも25と破格で、今回はリーダーですけど、光や水パのサブ(バインド回復要員)など、汎用性高く活躍してくれると思います!

次に相方となるアメノミナカヌシは、リーダーに特化したキャラクターという印象を強く持っています。覚醒スキルは最低限で、その代わりLSの攻撃倍率が最大18倍(単体)と高倍率を発揮!【3色陣+スタイルチェンジ】は火力を出したい場面に適し、複数体いるならアシスト継承でも運用したいスキル。こちらもコストが比較的低い部類ですから、サブやバッジの選択肢が拡がるのではないでしょうか。

ちなみに、お互いのLSは倍率こそ違うものの、光属性キャラの攻撃力UPや、光ドロップを複数個繋げて倍率を発揮するなど、似通った点が多くあります。唯一水属性が受ける部分に関し、”HP(アロ)or回復力(アメ)”という違いのみ。高HP編成を組みたければアロンダイトを、高回復&攻撃編成を組みたいならばアメノミナカヌシを、LF両方で使ってみるのも選択肢としてアリだと思いますね。

 

今回組んでみた編成はこんなメンバー!幽助獲得でかなり強力な編成が組めたのではないかなと。

LSの性質上、理想をいえば全キャラ光水の両方を持つキャラクターで揃えたかったです。どちらかでも欠ければ性能の欠損点が出てしまう訳ですから、LFの能力をフルに発揮させてあげるためにも、なるべくそこは崩したくなかったなと。ただ、どうしても追い討ち枠を入れたかったので、攻撃倍率だけ掛かるパイモンを選出。この枠は間違いなくアマツマガツチ(モンハンコラボ)が最適性だと思われ、属性縛りが比較的厳しいという意味では、少々編成難度は高めかもしれませんね。

それと、今回初選出された『覚醒前田慶次』が地味にお気に入り!ガードブレイクは活かせませんが、キラーの選択肢に制限がなく、ドロリフも良いですよね♪光の数が少ない場面でも、コンボ強化とは違う方法(2way×3つ)で火力貢献してくれますし、今迄使わなかったキャラなので、新鮮さがありとても楽しいです。

 

火力はさすがの一言!LF180倍で、コンボ強化持ちが凄いことに!?

エンハなしで中央2体が1,000万を楽に超えるあたり、コンボ強化全盛の時代がまだ長く続きそうな予感をひしひしと感じます。それぐらい火力に関しては差が出ますよね。つねに光ドロップを8つ以上用意するのは不可能ですが、1コンボ分とかでもしっかりコンボを組めば前述の2体が100万は超えますから、やはり安定を考えれば最低1~2枠コンボ強化キャラは欲しいと感じました。

また、多数のドロップを繋げるLSながら、誰一人属性強化を持たないので、列で組む必要がなく、追い討ちや無効貫通といった組み方に殆んど影響がないのも特徴的。そこらへんは本当ストレスなく使えますので、編成を組めさえすれば、楽に高火力が出せるところが特徴のパーティだとは思いました。

 

 

総括として、HPが46,000を超えたり、回復力もアメノミナカヌシの方で2倍ありますから、軽減が無くても比較的復帰力は高く、『運用し易い編成』だと使ってみて感じました。火力も魅力的で、エンハが必要ないのも高評価な部分かなと。

ただ先も書いたとおり、ドロップ確保が大変な点や編成難度が高いなど、揃えるまでのハードルが面倒なところは否めません。その辺りをどう捉えるかが評価の分かれ目かな?使い勝手は悪くないですけど、ギミックの多いダンジョンや耐久を迫られるダンジョンよりかは、火力で押し通せるようなところ向けの編成(LF)かと思います!

 

それではまた次回のブログでお会いしましょうノシ

スポンサーリンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です