パズドラ報告書No.239【『ゴールデンウィーク2018(杯)』開幕!最近”あのスキル”が減りましたよね?】

クリックしてくれた方こんばんは、NALUです。

昨日5/1(火)12:00~、パズドラレーダーのランキングバトル『ゴールデンウィーク2018(杯)』が開幕致しました!基本的な情報は先日書いた記事パズドラ報告書No.236【来週開幕のランバト『ゴールデンウィーク2018(杯)』の報酬メモリーが熱い!】)を参照していただければ嬉しいですが、10%ラインの報酬で『カンナ』のメモリーが獲得できるのが特筆すべきところ。私が参加してからの報酬でも、TOPクラスのレアキャラなのではないでしょうか。

※5/2(水)21:00時点。

ちなみに、現在の順位は上画像のようになっていて、始まってから1日半ほどでの10%ラインはBP70今後、過去回を参考にすれば100前後がボーダーになるかと思われますが、確実性を取るなら120~130ぐらいまで欲しいなと個人的には思いますね。

 

最近バインドスキルの使用率が減ったかな?初手激減スキルが人気の模様!

あくまで私の主観ではありますが、最近バインド攻撃スキル持ちのキャラを編成される方が減ったように感じます。理由は分かりませんけど、一時期流行ったことで多分そこに対する対策が厳しくなったためではないかと私は推察していて、イデアルのように+αでバインドが付くタイプは別にしても、エギドナやオロチ(威嚇系)との遭遇率はぐっと目減りしたように感じています。

その代わりといってはなんですが、最近は『毒の目覚め』『激減スキル』が以前にも増してより人気があるように思いますね!前々回のランバト報酬でもあるディエイトロスや、闇パで人気必至の闇メタなど、いかに”1目盛りの差を作り出すか”を考えられた編成が確実に増加気味。先制パンチでいきなり闇メタを使ってくるプレイヤーも増えたので、ますます防御減スキルの需要が高くなっているのではないでしょうか。

 

そんな中、前述の傾向を逆手に取り、少しキャラの覚醒スキルをいじってみました!それがこちら↓

今までSR枠をバインド耐性にしていた両名ですが、今回試験的に操作時間延長を付けています。なので、仮にバインド攻撃がきたら、バーバラ共々3体行動不能になるギャンブル的要素も(エルゲヌビは普段【指&バインド耐性×2】)

ただ、運も味方してくれているのか、今のところ10戦してバインド攻撃持ちと対峙したのは2度だけですかね。そのためこの覚醒スキルでも上手くやれていますから、現状私の見立ては間違っていないのかも?と。無くても大丈夫なのであればこの方がパズルに易しいので、状況見つつ適宜入れ替え使っていければと思います。

 

 

レーダーのルール上、敵を圧倒する必要は無く、差がつけば御の字ですし、判定に持ち込んだとしてもコンボさえちゃんとしていれば大抵負けることはありません(自分以上に上手い人との戦いは別ですけど)。その辺を意識して編成を組めれば、特別強力なアーマーでなくとも10%ラインを目指せると思いますので、ライバルが増えるのは嬉しくないですけど、カンナ獲得のチャンスはぜひ活かしてほしいものです(※光ヘラドラ獲得に参加しなかったことを後悔している筆者より)

 

それではまた次回のブログでお会いしましょうノシ

※NALU`s select!

  • パズドラ報告書No.236【来週開幕のランバト『ゴールデンウィーク2018(杯)』の報酬メモリーが熱い!】

スポンサーリンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です