パズドラ報告書No.254【新編成、志々雄真実パ!】

クリックしてくれた方こんばんは、NALUです。

本日は久しぶりに『新編成シリーズ』をお届けしようと思います!最後に書いたのが4月序盤のこちらパズドラ報告書No.222【新編成、アロンダイト×アメノミナカヌシパ!】)の記事で、それからもパズドラ報告書は頻繁に更新しながらも、他の話題を題材に書いてましたから、気がついたらひと月以上経ってましたね。

そんな久しぶりの今回ご紹介する編成は、開催中のコラボから唯一GETできたダイヤキャラクターの『志々雄真実(パ)』について書いていこうかなと!るろ剣コラボ第4弾で新たに追加されたキャラであり、割とポジティブな感想を耳にしますので、折角手に入れたわけですから、私なりの言葉で使用感をお伝えできればと思います!

それでは早速本編書いていきましょう。

 

 

とにかく”火力面”が素晴らしい!スキルも相性抜群の列変換+α!

※左が私の志々雄で、右は+297比較用(レベルが1違う点は注意)。

るろ剣コラボガチャを回したときパズドラ報告書No.249【『るろ剣コラボ【第4弾】』開幕!前回のリベンジを狙う!】)にも書きましたが、志々雄真実はステータスの攻撃力が高く、また【列変換+エンハンス】のスキルが非常に相性が良いです!LSや覚醒スキル(L字)の効果を発揮するのに、自身のスキルだけで完結でき、そのうえ2倍ながらもエンハが付いているのは、実際使ってみるとかなり有用でしたね。

また、コスト28という低コストで運用できるため、バッジの選択肢が多いのもコラボキャラクターを使う際の大きなメリット。L字は盤面によって若干組みづらかったりもしますから、指(+2秒)バッジが付けやすいというのも一つの魅力だと思います。

 

組んでみた編成はこんな感じ!サブは火力よりもサポート重視が望ましいかも?

基本的な火力はLFの志々雄と闇コットンに任せるかたちで、他は『サポート系が望ましいのではないか』と個人的には感じました。なので、ドロ強&操作延長スキルの転生ツクヨミに、回復補助のフラスコの中の小人(ハガレンコラボ)、また一応のバインド回復要員&回転率のよい生成スキルを持つグレモリーなどを編成。短いダンジョンであれば、変換スキルを使い駆け抜けられると思いますし、目覚めスキルがあればより効率的かも。私は持ってませんが、エスカマリがいれば確実に直入れ(またはアシスト)候補となる予感がします。

ただ、この編成最大の弱点として”回復力の低さ”は無視できない事実としてあります。先制や割合ダメージに弱く、復帰力に乏しいのは否めません。耐久やHP管理を怠ると簡単に敗北しますし、そこは目に見えて感じるところ。そのマイナスポイントがある代わりの高火力かもしれませんけど、バランスを求めたり攻略目的で使うにはあまり適さないリーダーかもしれませんね。

 

火力に関しては心配なし!列組みで高速周回も可能か!?

L字で火力が出るのは言わずもがなですが、闇が5個あれば最低でも平均80万ぐらい出せ、列組み(6個)だと更にアップ!参考画像ではL字を組んだとき7コンボしてますけど、正直志々雄に関してはそこまで必要なく、5コンボとかでも似たような火力を発揮しますから、「久しぶりにコンボ強化キャラ以外に強い子を手に入れたな」というポジティブな印象を受けました。

それに志々雄を使うと麻痺してきますが、1000万という火力が本当楽に出ます!w回復力さえもう少し高ければ、「コンボ強化全盛の時代に風穴を開ける先駆者になったかも?」なんて思いました。

 

 

総括として、火力面は文句無しのSランクが付きそうですが、耐久面が脆く、初見ダンジョンとかには向かない性能でしょう。ある程度出てくる敵も予想でき、そのうえで火力で押し通せるダンジョンであれば比較的快適に運用できると思うので、その辺上手く入れ替えながら使ってあげると宜しいのではないでしょうか!

 

それではまた次回のブログでお会いしましょうノシ

スポンサーリンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です