ディルク・カイト。

クリックしてくれた方こんばんは、NALUです。

懐かしく好きな選手が写っている記事があったので載せました!それがこちら。

sports.yahoo.co.jp

懐かしささえ感じる、元オランダ代表のディルク・カイト選手。何が好きって、やっぱりあのプレースタイルですね。

色濃く記憶にあるのはリヴァプール時代で、オランダ代表でもバリバリのスタメンだった頃でしょうか。オランダ代表は言わずもがな強豪国でどちらかと言えば組織で戦うより個で戦うサッカーをするイメージなんですが、そんな中で一人周りのために誰よりも走って誰よりも汗をかく。ディルク・カイトとはそういう選手です。記事を読むと出てきますが、そのプレースタイルは嬉しいことに今尚変わっていないようです。例えるなら昨日2得点を決めた、日本代表FW岡崎慎司選手のような感じでしょうか。チェルシーに敗れはしましたが、見事な得点でしたね!『2度ともゴールネットを揺らさない得点』なんて文言を沢山目にしましたw

話が逸れましたが彼ももう36歳なんですね。時代が過ぎるのは早いですが、年齢を重ねたことで全盛期とはまた一味違ったベテランらしいプレーで味方の為に汗をかいているんでしょうね。

フェイエノールトと言えば、日本人として忘れてはいけない小野伸二選手の存在。現在コンサドーレ札幌に所属する小野選手もかつてフェイエノールトに所属しカイト選手とチームメイトでした。当時「セードルフを見た時より、小野に会った時の方が衝撃を受けた」なんて言葉を残したりもしているみたいです。他にもファン・ペルシー選手やトマソン元選手など世界的名プレイヤーとも小野選手は共演していたんですね。本当に凄い選手だと改めて思います。

何だか結局何について書きたかったのかわからなくなってきましたが、「分野は関係なく好きだったり応援している人が話題になると嬉しい」ってことをこの記事のカイト選手の画像を見て感じました。その足が止まらぬ限り、変わらぬ全力疾走をチームの為に続けてほしいと願います。

 

それではまた次回の記事でお会いしましょうノシ

スポンサーリンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です