一流たる所以。

クリックしてくれた方こんにちは、NALUです。

不安定な天気が続くので、洗濯物は外に干すのが怖いです。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160903-00010021-theworld-socc

国歌にブーイングは恥ずべき行為です、理由が何であろうとも

私はこのように思います。明確な理由はわかりませんが、イタリアで起こった地震に対しフランスの新聞社が掲載した風刺画への抗議というコメントを見つけました。まあ酷い風刺画ですよ、まったく。ブーイングする気持ちはわからなくもないですが、余りそういう部分をスポーツに持ち込んでほしくはないですよね。スタジアムにブーイングしに来てる訳ではないでしょ?その相手への怒りをパワーに換えてフランスに大差で勝てるぐらい必死に応援しましょうよ!せっかくお金払ってチケット買ってスタジアムに足を運んで来てるんですから。ブーイングを行った一部のサポーター?には深く反省してもらいたいですね。

今回はこのような件でしたが、この他にも世界中にはサッカー関連で賞賛される行動が色々あります。試合中にPKではないプレーに倒れた選手本人が「今のはPKではない」と正直に主審へ説明したり、思いもよらぬバウンドで相手ゴールへ入ってしまった得点を返すために、リスタートしてからディフェンスをせず得点分を返すゴールを与えるなど、世界には多くの素晴らしい選手、チームが存在します(もちろん逆にしょうもない選手もいますが)。そういう人たちは選手として大成してるかどうか関係なく、世界中のサポーターに愛される選手であるのではないでしょうか。

今回のブッフォン選手の行動は非常に冷静かつ紳士的で、選手として以外に一人の人間としての器のでかさみたいなものを感じました。

現在38歳のブッフォン選手。年齢を考えれば世代交代も近い将来訪れる話ですし、優秀な後進が迫りつつあるイタリア代表のGK事情ですが、パーフォーマンスは今尚衰える気配を微塵も感じさせないので本人の納得いくまでその雄姿を見せ続けてほしいと思います!

 

それではまた次回の記事でお会いしましょうノシ

スポンサーリンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です