情けない。

クリックしてくれた方こんばんは、NALUです。

昨日の男子サッカーW杯アジア最終予選、vsUAEに1-2という結果に終わりました。ホームという圧倒的アドバンテージもありながらの敗戦、『開いた口が塞がらない』とは正にこのことだと思いました。

まず後半32分の浅野選手のシュートがゴールラインを割っている件は間違いなく誤審と呼べるものと私も思います。ゴールラインテクノロジーは導入にも多額の費用がかかりすぐ導入するのは難しいと思うので、追加副審の採用をなんとかお願いしたいですよね。サイドラインにいる副審にあそこまで見ていろって言うのは正直酷かなって思います。それと宇佐美選手がペナルティエリアのライン辺りで倒されたシーンに関しては、PKはちょっと難しいかなと感じました。密着状態でお互い手が出てますし、相手が明らかに押してきたならまだしもファウルを貰いにいくような倒れ方にも私には見て取れたので(個人的見解ですが)。丁度アナウンサーが「なぜPKじゃないんだ」みたいな実況してましたが、追いかける立場なのはわかるけどあまりにも大げさな実況で失笑しちゃいました。

結局あれだけチャンス作って最後決められないのが悪いわけで、誤審は誤審だけど仮に2-2で試合を終えてたらそれで満足なのかって話ですよね。ここ最近発言とプレー内容に温度差があって試合見てても”燃えてくる”じゃないですけど、必死さみたいなものが昔より感じられなくなったなって思います。個人として海外の有名クラブに在籍する選手も多くなりスタメンも海外組が大半を占めるようになりましたが、今が本当に一番強いのでしょうか?5大会連続でW杯に出場してますけど、昨日のようなサッカーが自分達のサッカーならアジアの枠をいくつか南米かヨーロッパに移したらどうですかね?アジアでは強い部類に入る日本ですが、あのクオリティではW杯出たって結局勝てないでしょ?改めてもう一度色々な事を精査して、『W杯優勝』とかではなく謙虚な目標を立ててほしいと強く感じた試合でした。

 

それではまた次回の記事でお会いしましょうノシ

スポンサーリンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です