スポーツネタ2つ。

読んでくださった方こんにちは、NALUです。

書こう書こうと中4日。自ら動かないとき、日々の進むスピードはこんなに早いのかと再確認する数日です。今日は2つの題材について感想を書こうと思います!

 

錦織圭、銅メダル!

リアルタイムで視聴しましたが、手に汗握る展開でしたね!過去1勝しかしていないナダル選手との対戦でしたが、積極的に攻めたのが上手くはまり1セット目をあっさり取ってからの2セット目。2-5から明らかに調子というかギアを上げたナダル選手に対し、4ゲーム連取され1つキープするも、最後7-1で2セット目を落とす悔しい展開となりました。3セット目、長めのトイレットブレイクで流れが完全に錦織選手に傾きました。このトイレットブレイクは色々言われました(意図的に相手をいらつかせるためとか、宮本武蔵の巌流島がどうとか)が、正式な言及はされていないものの『係員の誘導したトイレが単純に遠くて長くなった』というのが有力らしいですね。イラついたナダル選手に対しこれまで同様攻めのスタイルを貫いた結果、見事6-3で3セット目を取り、セットカウント2-1で勝利しました!96年ぶりのメダルというのは勿論嬉しいですが、あのナダル選手に勝ったということがさらに銅メダルを輝かせてくれますね!唯一つ残念なのは非常に観客のマナーが悪かったことです。オリンピックということで普段生で目にすることのないスポーツを観戦に訪れた人も多かったと思います。しかしスポーツはそれぞれに独自のルールやマナーがあったりもする故に、その行為が試合の流れに大きく影響してしまう場合も少なくないと思います。今回は両選手が観客のプレー直前の移動や声等に非常にナーバスになっていたと感じました。生での観戦は映像では決して感じ得ない感動や臨場感があると思います。その時間を無駄にしないためにも、事前にマナー等を勉強し選手と共に試合を作っているという自覚をもって観戦してもらいたいと思いました。

 

吉田沙保里、惜しくも銀メダル!

ただ一言、「お疲れ様でした」と言いたいです。これだけ長い間勝ち続ければ相当研究されていたと思います。『勝って当たり前』と思われるその中で、今日まで国際大会16連覇という偉業を続けてこられただけでも賞賛に値すると共に、想像もできないような努力を重ねてこられたと思います。試合後のインタビューで泣きながら「申し訳ない」「ごめんなさい」と謝罪の言葉ばかりを口にされていましたが、少なくとも私は吉田選手の今日の戦いも立派だったと思います!父のいない初めてのオリンピック、日本選手団の代表も務め今までとは同じようで全然違うオリンピックだったのではないでしょうか?そんな中、準決勝まで完璧な試合展開で金メダルを疑う人はいなかったと思います。唯一組み合ったあの一瞬で、すべてが狂ったように瓦解してしまいました。追う立場の吉田選手を上手くいなしながら、試合を決定付ける追加点となった場外への片足タックル。そして終了の笛が鳴り、オリンピック4連覇の夢は終わりを告げました。本人はこの結果を整理するのに時間がかかると思いますが、胸を張って日本に帰ってきてほしいです!過去のオリンピックと色は異なるかもしれませんが、計り知れない重圧の中手にしたそのメダルも、今までと同じ輝きに私の目には映っています。今後の進退等考えることはあると思いますが、今はただゆっくり体を休めてほしいと切に願います。お疲れ様でした。

 

本当はもう2、3書きたいことがあったのですが、いたずらに長くなってしまいそうなので次のブログにしようと思います。

最後まで読んで下さってありがとうございました。

また次回の記事でお会いしましょうノシ

スポンサーリンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です